2018年流行語大賞を大胆予想!話題になったニュースは?

11月7日に、ユーキャンの2018年新語・流行語大賞のノミネートが30語発表されました。

この30語の中から、12月3日に流行語大賞とTOP10が発表されます。

2018年、ノミネートされるような流行語を生んだ出来事が様々な分野でありました。

当ページでは、話題になったニュースについてまず総合的にまとめてみます。

そして、最後に今年の新語・流行語大賞のTOP10予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

2018年、話題になったニュースまとめ1、スポーツ

平昌オリンピック

2月に韓国の平昌でオリンピックが開催され、日本の選手にも様々なドラマが生まれました。

平昌オリンピックの話題から、流行語大賞が発表される可能性はとても高いです。

フィギュアスケートでは、羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダル、というワンツーフィニッシュを決め、日本だけでなく世界中が感動で包まれました。

また、女子カーリングチームが、日本初となる銅メダルを獲得。

協議中に、チームが連発した言葉「そだねー!」はみんなまねしましたね。

協議の間に韓国のイチゴなどを食べていた、「もぐもぐタイム」も話題になりました。

この「そだねー」と「もぐもぐタイム」が新語・流行語大賞候補にノミネートされています。

サッカーワールドカップ

つい最近はサッカーのワールドカップが開催され、いまも継続しています。

日本は見事に決勝ラウンド出場を決め、ベルギーとの対戦を控えています。

関連記事:ベルギー楽勝ムードに喝!日本は本気のベルギーに勝つ!

格上のコロンビアに勝利を決めたとき、大迫選手が決勝ゴールを決めました。

この時、「大迫半端ないって」がトレンド入りしました。

この言葉は、10年前に大迫選手の所属する高校のチームに敗れたチームの主将、中村隆裕さんが放った言葉が、今になってサッカーをしないそうにも話題になったようです。

「大迫半端ないって」も、新語流行語大賞にノミネートされています。

プロ野球

野球で最も話題になったのは今年メジャーに言った二刀流の大谷翔平選手でしょうか。

故障者リストに入ってしまったのは残念でしたが、今後も活躍してほしいですね。

関連記事→大谷翔平選手故障者リスト入り。二刀流のリスクに直面か

夏の甲子園

夏の甲子園は、例年になく盛り上がりました。

優勝したのは大阪桐蔭高校ですが、準優勝の金足農業が最も話題になりました。エースの吉田輝星君は、予選から甲子園決勝の途中までを1人で投げぬきました。

ドラフトでも注目され、日本ハムへの入団が確定的になっています。

そんな吉田輝星君の活躍もあって、「金足農旋風」が新語流行語大賞の候補にノミネートされています。


スポンサーリンク

2018年、話題になったニュースまとめ2、政治経済

モリカケ問題

政治経済の分野では、1年以上前から森友学園や加計学園の問題、いわゆるモリカケ問題です。

関連記事→モリカケ問題いつまで?しつこい追及に国民は飽きた?落としどころは?

加計学園の獣医学部設置に関して、財務省の公文書化改ざん問題が明らかになり、佐川さんが証人喚問されましたが、自分の言葉を語らずに「刑事訴追を受ける恐れ場ありますので答弁を控えさせていただきます」を連発し、野党側は疑惑がさらに深まったと追及、与党側は政府の関与がなかったので幕引きだ、といい、より与野党の溝が深まりました。

加計学園の加計理事長は安倍総理のお友達であり、「本件は首相案件」とかいたメモが見つかり、ますます獣医学部認可に忖度があったことの疑いが強くなりましたが、相変わらず安倍総理は否定を続けています。

「首相案件」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

また、モリカケ問題に関して、野党などから追及を受けたときに、政府側が論点をすり替えてごまかすことを、「ご飯論法だ」といって批判されました。

「ごはん論法」が、新語・流行語大賞にノミネートされました。

モリカケ問題は今後もしばらく続くことが考えられます。

働き方改革関連法案

つい先日強行採決されあ働き方改革関連法案。かつて高度プロフェッショナル制度に関するデータが間違いだらけだったことで、野党は追及を続ける中、与党が数の力で採決に踏み切り、これも与野党の溝を深めることになっています。

「高プロ(高度プロフェッショナル制度)」が、新語・流行語大賞にノミネートされました。

地方選挙

今年は大きな国政選挙はありませんでしたが、地方では全国的に注目されたものがありました。

まず注目があったのは新潟県知事選挙。前の知事が不祥事で退職して、実質与野党対決となった新潟県知事選挙は、与党側が推す花角候補が勝利しました。

関連記事→2018年新潟県知事選挙、花角氏に当確、勝因と池田千賀子氏の敗因は?

また、沖縄では選挙イヤーで、県知事選挙の前に南城市、名護市、石垣氏、沖縄市で市長選がありました。

翁長知事と安倍政権は、普天間基地の辺野古移設を巡って激しく対立していました。

南城市では翁長知事サイドの候補が勝ちましたが、名護市、石垣氏、沖縄市では安倍政権側の候補が勝利し、翁長知事の求心力低下もささやかれました。

そんな翁長知事は、5月に急にすい臓がんであることを公表、その後も業務を続けましたが病状は悪化、8月8日に帰らぬ人となりました。

本来11月に翁長知事が再選を目指して沖縄県知事選挙が行われるはずでしたが、翁長知事の急逝に伴い、9月30日投開票の前倒しで行われました。

県政奪還を狙う国政与党は、宜野湾市長だった佐喜真淳さんを擁立、一方でオール沖縄サイドは沖縄3区衆議院議員の玉城デニーさんを翁長知事の後継として擁立しました。結果は玉城デニーさんが勝利し、安倍政権に大きな一撃を与えました。

その時、玉城デニーさんを応援する人たちのなかで、「デニってる」という言葉がはやりました。

沖縄県知事選挙結果速報!玉城デニーに当確!勝因と佐喜真淳の敗因は?今後の沖縄は?

スポンサーリンク






2018年、話題になったニュースまとめ3、社会ニュース

朝鮮半島の和平化

世界的なニュースで話題になったのは、オリンピックの後に広まり始めた朝鮮半島の和平化の流れですね。

文在寅大統領と、金正恩第一書記で南北首脳会談、トランプ大統領と金正恩第一書記の米朝首脳会議は、世界中から高い評価を得て、この3人はノーベル平和所本命候補ともいわれました。(結果的に受賞はありませんでした)

悪質タックル

社会ニュースで話題になったのは日大の悪質タックル問題ですね。

日大の選手が、関学の選手に対して繰り返し悪質なタックルをした問題。

選手は謝罪しましたが、監督は支持をしたことを否定しました。

謝罪した選手には同情や、未来を奪わないで、という応援する声が寄せられましたあ、監督やコーチには逃げ回っていると非難が殺到しました。

関連記事:悪質タックル、内田前監督と井上前コーチ除名処分に「当然だ!」の声多数

「悪質タックル」は、新語・流行語大賞にノミネートされました。

野崎幸助さんの事件

あとは紀州のドンファンと言われる大富豪の野崎幸助さんが、この世を去ったニュースも話題になりました。不審な状況に事件性もあるのではないかとささやかれています。

ご冥福をお祈りします。

ハラスメント問題

スポーツ界、会社でもパワハラが全国で横行し、話題になりました。力を利用して弱者をいたぶるのは本当に許せないですね。

関連記事:重量挙げでパワハラ疑惑?体操に引き続き。なぜ権力悪が横行しているのか!

スルガ銀行、組織的なパワハラ横行!その内容は?あなたの会社は大丈夫?

また、そのパワハラの中でも、残業時間削減のための具体策を示さずにただただ定時退社を強要する時短ハラスメントの略語の「ジタハラ」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

ジャーナリストの山口敬之さんが、同じくジャーナリストの伊藤詩織さんに対し、ある種のハラスメントをし、伊藤詩織さんは被害届を出しまして山口敬之さんには逮捕状まで出ましたが、逮捕直前に不起訴になった事件がありました。

山口敬之さんは安倍総理のお友達であったことや、こののニュースが大々的に報道されないことに何かしらの忖度があったのではないかという見方もあります。

さらに伊藤詩織さんに対してのバッシングがおこるという事態になったため、伊藤詩織さんを救うという目的もあって、同等のハラスメントを受けた女性などの間で、「Me,too運動」がトレンド入りし、ツイッターなどでも拡散されました。

#Me,too新語・流行語大賞にノミネートされました。

2018年、話題になったニュースまとめ4、芸能ニュース

AKB48総選挙

最近ではAKB48の総選挙が行われました。

事前のメンバーの過激発言なっで、「総選挙やめろ」などの声もありましたが、大盛り上がりで選挙が終わりました。

結果、1位が松井珠理奈さん、2位が須田亜香里さんで、SKE48のメンバーがワンツーフィニッシュを決めたことが話題になりました。

関連記事→2018年AKB48総選挙、結果1位は松井珠理奈さん。卒業・・・・しません。

ひょっこりはんブレイク

今年もいろいろなお笑い芸人がブレイクしましたが、流行語になりそうなフレーズを持ったお笑い芸人と言えば「ひょっこりはん」ではないでそうか。

バランスボールなどに顔を隠した後、「はい、ひょっこりはん」といって顔を出すのを繰り返す芸が、はまる人にははまるようです。

ネタのBGMで著作権問題が話題になりましたが、それも知名度を上げるきっかけになりました。

関連記事→ひょっこりはん、ネタのBGMで著作権侵害も知名度上昇?

「ひょっこりはん」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

ドラマおっさんずラブが大ヒット

土曜深夜に放送されたドラマ「おっさんずラブ」が大ヒットし、トレンド入りしました。

まったくもてない主人公の春田創一(33歳)が、急に上司や後輩から恋心を抱かれ、おっさん同士の三角関係という今までにないかkン核のラブコメディで、社会現象を引き起こしました。

LGBTのへの偏見差別などが社会問題化する中で、多様な生き方に偏見を持たせずに描かれた描写が、多くの人に受け、ドラマのタイトルもトレンド入りしました。

「おっさんずラブ」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

DA PUMP の「ダサかっこいい」U.S.Aが大ヒット

ことし発売されたDA PUMPの新曲U.S.Aの振付が「ダサかっこいい」として話題になりました。

大人から子供まで、サビの「C’mon,baby アメリカ」の振付をまねしていました。ISSAさんの本名も話題になりましたね。

関連記事:ダサかっこいい新曲のDA PUMPISSAさんの珍しカッコいい本名も話題に

「ダサかっこいい/U.S.A」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

NHKのバラエティ「チコちゃんに叱られる」が子供から大人まで大評判

NHKのバラエティ番組「チコちゃんに叱られる」で、理由を知らないまま当たり前のように風習として行動している大人に対して、番組のキャラクター(5歳の設定)チコちゃんに、「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱られ、その普段何気ない風習などの理由を解説していく番組です。

関連時事:「チコちゃんに叱られる」珍現象の理由は?印象的なテーマも紹介

「ボーッと生きてんじゃねーよ!」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

2018年流行語大賞予想TOP10

上記の話題ニュースなどから、今年の流行語大賞TOP10を予想してみます。

1位 そだねー

2位 ダサかっこいい/U.S.A

3位 金足農旋風

4大迫半端ないって

5位 悪質タックル

6#Me,too

7位 首相案件

8位 ひょっこりはん

9位 ボーッと生きてんじゃねーよ!

10おっさんずラブ

個人的には、芸能界やスポーツ界などで流行した言葉とともに、人権問題などについて考えることができるようなキーワードも受賞してほしいです。

1カ月後の発表が楽しみですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク