山下和美の決意!視野欠損でも書き続ける意思に賞賛!作品を無料で読むには?

漫画家の山下和美さんと言えば、「天才 柳沢教授の生活」や「数寄です」「ランド」などのヒット作で有名な漫画家ですが、山下和美さんは、21歳という若さで、若年性脳梗塞を発症して両目の右側が見えなくなるという障害を抱えました。

脳梗塞は、脳の血管が詰まることで起きる病気で、最悪命にかかわり、回復しても重い後遺症が残る可能性のある恐ろしい病気で、小渕恵三元総理は脳梗塞で亡くなられていますし、石原慎太郎元東京都知事も罹患歴があり、後遺症に苦しんでいるようです。

しかし、脳梗塞は高齢者が患うイメージが強い病気であるにもかかわらず、山下和美さんは若干21歳で発症。

視野欠損という後遺症が残り、絶望のあったでしょうが、漫画家として漫画を描き続けるという決意をしました。

その漫画家としての心意気に賞賛の声が上がっています。

ここでは、そんな山下和美さんの決意やそれに対する称賛の声をまとめるとともに、山下和美さんの漫画を読んでみたい、と思われた方のために、1冊~2冊程度無料で読む方法がありますので、紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

山下和美さんの決意について

脳梗塞を患っても漫画を描き続けようという山下和美さんの決意については、ヤフーニュースで以下のように報じられています。

山下和美さん(59歳)は『天才 柳沢教授の生活』や『数寄です!』『ランド』など、華麗な絵柄と大胆な構図で人気の漫画家である。だが21歳のとき、若年性脳梗塞を発症し、後遺症で両目の視野の右側に見えない部分ができた。「視野欠損」だ。漫画家として大きなハンディともいえるが、山下さんは「病を得たことで、前向きになれた」と語る。

引用 yahoo news https://news.yahoo.co.jp/pickup/6304328

山下和美さんは、脳梗塞になって視野欠損という後遺症を抱えたことで、かえって自分には漫画家しかない、と漫画を描き続ける決意が大きくなったようです。

絵を描くうえで視野欠損は致命的とも思われるかもしれませんが、その後も漫画を描く実力は衰えることなく、それどころかさらに磨かれていきます。

脳梗塞発症から40年近くたちますが、今でも山下和美さんは現役で走り続けています。


スポンサーリンク

山下和美さんのマンガを無料で読むには?

そんな賞賛に値する決意を抱きながら書き続けた山下和美さんの作品を読んでみたくありませんか?

全作品全巻、というわけにはいきませんが、1~2冊程度なら無料で読む方法があります。そしてさらに気に入ればそれ以上はお金を払って購入という形になります。

無料で読むには、まず以下のリンクからmusic.jpに無料登録してください。

今すぐ登録する

music.jpは、有料のエンタメ系サービスですが、1か月の無料期間があります。

無料期間中も有料サービスを利用すればお金がかかりますが、キャンペーンで通常ポイント962ポイントと、動画ポイント1500ポイントがもらえ、1ポイント1円として利用できます。

そのうち通常ポイントは漫画購入に使うこともできます。

天才 柳沢教授の生活」や「数寄です」「BOY」などの山下和美さんの作品が配信されており、値段は432円から756円。無料期間にもらえるポイントで1~2冊読むことができます。

登録はこちらからです → 今すぐ登録する

music.jpに登録すれば他にも動画などを楽しめますよ☆

なお、31日目以降からは料金が発生しますので、サービスを継続しない方は解約の手続きが必要です。

まとめ

「山下和美の決意!視野欠損でも書き続ける意思に賞賛!作品を無料で読むには?」と題して、漫画家山下和美さんについてまとめてみました。

  • 漫画家の山下和美さんと言えば、「天才 柳沢教授の生活」や「数寄です」「ランド」などのヒット作で有名な漫画家
  • 山下和美さんは、21歳で脳梗塞を発症、視野欠損の後遺症を抱えながら漫画家を続ける決意をした
  •  今すぐ登録する←こちらからmusic.jpに登録すれば山下和美さんの作品を1~2冊無料で楽しむことができる

山下和美さんは59歳で、まだまだ若く現役で頑張れる状態だと思います。

無理をなされない範囲で、今後も漫画家として活躍してほしいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク