山田涼介に破局報道!?原因となった心無いファンのSNS投稿とはどんなもの?

Hey!Say!JUMPの山田涼介さんが、昨年9月にモデルの宮田聡子さんとの交際報道が週刊誌によってなされましたが、結局のところ本日破局報道が出てしまいました。

交際が報じられ、2人が幸せになっていくことを多くの人が願っていたのに残念なことです。

破局報道の理由が、2人の間での問題であれば仕方ないのかもしれませんが、実際の理由が山田涼介さんのファンの心無い行動だったようで、2人の関係を壊す行為は許されるものではありません。

本ページでは、山田涼介さんの破局報道のきっかけとなった宮田聡子さんへの嫌がらせがどのようなものだったのか紹介してそのひどさについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

山田涼介の破局報道について

Hey!Say!JUMPの山田涼介さんの破局報道について、yahoo newsでは以下のように報道されています。

「宮田さんが山田さんのファンと思われる人たちから、心ない批判を浴びるようになったことが原因のようです。彼女のSNSには《消えろババア》、《別れろ》など、批判的なコメントやメッセージが書き込まれ続け、そうした中傷に耐えられず別れることになったそうですよ」(前出・宮田の知人)

ただ、報道当初はファンが彼女に向ける視線は厳しくなかった。むしろ、応援する雰囲気すらあった。

「最初は、ドラマのような展開で付き合うことになったふたりを応援してあげたくなりました。でも、宮田さんの過去のSNSで山田クンとの交際をほのめかすような投稿が多数見つかったんです。

山田クンが好きなゲームのキャラクターの目薬やお気に入りのお菓子の写真を投稿したり、飼い猫の名前が彼の名前と似た“恭介”という名前だったりしたことで、ファンの怒りを買ってしまったんです」(山田のファン)

引用 yahoo news https://www.jprime.jp/articles/-/14242

報道によると、2人の交際は周囲にばれないようにこっそりと付き合っていたようですが、宮田聡子さんのSNSの投稿が、なんとなく交際をにおわさるようなものであったことから、山田涼介ファンの女性の嫉妬心から、批判が集中することになりました。

2人が極秘交際をするのも自由だし、もしそれを宮田聡子さんがなんとなくばらしてしまったとしてもそれは2人の間で話し合って解決すれば済む話です。

それに対して誹謗中傷する行為は、ファンである山田涼介さん自身も苦しめることになることが愚かな一部ファンたちはわかっていなかったようですね。


スポンサーリンク

山田涼介ファンからの心無いSNS投稿とはどんなもの?

山田涼介のファンと思われる人からのSNSの誹謗中傷とはどのようなものがあったのかと思い、遅るおそり宮田聡子さんのSNSを開いてみたところ、破局報道が出された後でも目を防ぎたくなるような誹謗中傷が並んでいました。

  • 宮田聡子街で見かけたら潰すように!
  • 宮田聡子に●●●投げつけようぜ
  • 宮田聡子って山田に頼まれて整形したんでしょ?
  • 調子乗って山田で売名なんかするかららこうなるんだろババア
  • よく山田涼介に手出そうとおもえたねこのメスカマキリ

引用 twittwe 投稿より

私もいくつか目に入ったものはtwittwe社に「個人を誹謗中傷するもの」として通報しておきました。

こんな行動がファンである山田涼介さんにも迷惑をかけていることがわからない愚かな人がいることが残念でなりませんね。

結局のところ2人の間の問題ではなく、ファンの心無い嫌がらせによって破局報道という形になってしまいました。

心当たりのある山田涼介さんのファンの皆さんには猛省してもらいたいですね。

まとめ

「山田涼介に破局報道!?原因となった心無いファンのSNS投稿とはどんなもの?」と題して、山田涼介さんの破局報道についてまとめてみました。

  • Hey!Say!JUMPの山田涼介さんに破局報道(お相手はモデルの宮田聡子さん)
  • 破局の原因は「宮田聡子さんが交際をにおわせるSNS投稿をした」として山田涼介ファンから心無い誹謗中傷を受けたこと
  • 宮田聡子さんには、破局報道後も心無いバッシングが続いている

最後に断っておきますが、山田涼介さにゃジャニーズのファンの方全員が本ページで紹介したような心無い人ではないということは申し上げておかなくてはなりません。

あくまでもこういった心ない行動はファンの中のごく一部です。

そんなごく一部の愚かな行為が、山田涼介さん、そして宮田聡子さん、そしてその人たちの大多数の善良なファンの人たちにまで迷惑をかけているという点です。

一部の心無い書き込みをした人たちは、山田涼介さんのファンである前に、一人の人間として反省してもらいたいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク