子供のビタミンD欠乏症が増加、その原因と対策は?

子供にビタミンD欠乏症が増加しています。

子供10万にあたりのビタミンD欠乏症の羅漢率は、2009年から2014年の間で3倍になっており、子供の生活習慣に警鐘が鳴らされています。

ビタミンDが欠乏すると、骨がもろくなり、骨折しやすくなるという問題が起きます。

そんな、子供に増加しているビタミンD欠乏症、原因と対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ビタミンD欠乏症増加の原因は紫外線対策のやりすぎ?

ビタミンD欠乏症の原因の1つとして、紫外線対策のやりすぎが指摘されています。

私が幼少のころ辺りまでは、太陽光は体に良いとされ、積極的に日光浴をしてビタミンDを補給するようにに言われていましたが、中学生辺りで状況が変わってきました。

境問題により降り注ぐ紫外線が増加し、今より20年位前には太陽光は体に悪いものとされ、日焼け止めを塗るなど、外に出るときはきちんと日焼け止めをするように言われるようになりました。

紫外線は、皮膚がんの大きなリスク因子と言われてます。

皮膚がんの中でも「メラノーマ」と言われる種類のものは進行が早くて小さな病変のうちに転移するという恐ろしさで有名です。

皮膚がんや、日焼けの後の不快な痛みを恐れて、過剰な日焼け対策をした結果、日光浴によるビタミンD補給ができなくなったそうです。

最近では猛暑の日も増えており、熱中症対策から子供を外に出せない状態も続いています。

これらの問題は、子供が日光を浴びないのが問題ではなく、浴びられる状況にないことが問題なのではないでしょうか。

今の強い紫外線、猛暑や酷暑の中、子供に日光を浴びなさい、とは言えません。

ですから、まずは環境対策で、紫外線や異常気象の問題を解決し、昔のように子供が安心してある程度は日光浴ができる状態を作る必要があるでしょう。

それまでは、食生活の改善を中心に対策していくべきだと思います。


スポンサーリンク

ビタミンD欠乏症増加の対策には卵と鮭?

ビタミンD欠乏症の原因として、もう1つ指摘されているのが、食生活の乱れですね。

1日に必要なビタミンDの量を15マイクログラムと考えて、それを食べもので摂取するには卵黄1個(Lサイズの卵の卵黄で重量で18gあたり1.2マイクログラムのビタミンD)+鮭40グラム(ビタミンDは約15マイクログラム)です。

引用 yahoo news 8月14日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010002-fnnprimev-hlth&p=3

上記のように、鮭と卵がおススメと言われています。

卵1個と鮭40gであれば、特に取れない量ではないと思います。

卵料理は子供は大好きですし、魚が苦手な子供でも、こちらで紹介されてるような調理法をとれば、子供もおいしく食べられるのではないでしょうか。

まとめ

現段階のビタミンD欠乏症増加に対する対策としては、まずは食事で解決することを優先させるべきだと思います。

鮭と卵で子供の強い骨を作ってあげましょう。

どうしても日光浴で補う場合は、真夏の昼間などは避けて、夕方に10分程度から、無理のない範囲で行わせていくと良いと思います。

間違っても、海水浴や登山といったレジャーで、日焼け対策を一切しないようなビタミンD補給は、絶対にやめるべきでしょう。

ゆくゆくは地球環境問題を解決し、昔のように安心して日光浴できるような世の中になることが一番望ましいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク