堤下敦の近況を板倉俊之が語る!「元気みたい」は本当なのか?世間の反応は?

不祥事で謹慎中のお笑いコンビインパルスの堤下敦さんの近況について気になっている方は多いようですが、相方の板倉俊之さんがその近況を少し語ったことで話題になっています。

堤下敦さんは、2017年に2回自動車で人身事故を起こし、現在芸能活動謹慎中となっています。

かつてインパルスは、エンタの神様やハネルの扉などでブレイクし、テレビで見ない日はありませんでしたが、堤下敦さんの不祥事後は仕事が減り、板倉俊之さんもテレビで見る機会が減ったような印象があります。

スポンサーリンク

堤下敦さんの近況について

堤下敦さんの近況について、yahoo newsでは以下のように報じられています。

板倉はこの日、吉本興業のeスポーツイベント「道頓堀ZAZA BOX × eスポーツ」の開催発表会見に出席。熱中しているという100人対戦型サバイバルゲーム「PUBG」などのゲーム愛を語った。 会見後に報道陣から相方の近況を聞かれると「(元気)みたいですよ。僕は会ってないですけど」と言及。体調面については「オレは聞いてないです」と言い「なんかでも、元気そうだみたいな話は聞いています」と間接的だが相方の様子は把握しているという。

引用 yahoo news 2018年9月12日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000085-dal-ent

堤下敦さんはの謹慎理由については以下のように報じられています。

堤下は昨年6月に睡眠薬の影響で正常な運転ができない恐れがあったのに東京都内で車を運転したなどとして、同年9月に書類送検された。その後、同年10月に乗用車でごみ収集車に追突し、2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検され、今年3月に不起訴処分となっていた。

引用 yahoo news 2018年9月12日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000085-dal-ent

堤下敦さんがなぜ謹慎になったのかという理由は、正常に運転できない状態で車を運転したことと、別件で衝突事故を起こして怪我させたことだそうで、今も無期限の謹慎中になっています。

一方で、板倉俊之さんは、そんな相方の堤下敦さんについて、「元気みたいですよ」と語っていましたが、直接会っておらず、だれかから聞いた情報のようなので、本当に元気なのかは不明です。

堤下敦さんは、ブログやツイッターのアカウントもありますが、それも長らく更新されておらず、その近況は謎のままですね。

どうか板倉俊之さんの「元気みたいですよ」が本当であってほしいです。

堤下敦さんが起こしてしまった事故は、猛省しなければならないことですが、しっかり罪を償った後、また元気な姿でコントを見てみたいですね。


スポンサーリンク

堤下敦さんの近況について、ネットの反応は?

堤下敦さんの近況ニュースについて、ネットユーザーは以下のような反応を示しています。

忘れてた。

板倉さんもテレビで見かけないから尚更。

元気で良かったですね。

もう十分反省したんじゃないですか!?仕事始めてもいいんじゃないかな。

インパルスのコントすきだから早く観たいな。頑張れ

引用 yahoo news 2018年9月12日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000085-dal-ent

中には厳しい意見もありましたが、インパルスのコントネタ自体の評価が高く、早く2人のお笑いネタが見てみたいと思っている人がほとんどです。

ただ、謹慎の長さから心配になっている人も多くいます。

睡眠薬を飲まないといけないということは、精神的状態が謹慎前から良くなかったのかもしれません。

ひょっとしたら現在はうつ病の治療中かという可能性も否定できません。

「元気みたいですよ」という言葉にあるように、大きな病衣にかかっているような可能性は低いと考えています。

まとめ

「堤下敦の近況を板倉俊之が語る!「元気みたい」は本当なのか?世間の反応は?」という内容で記事を書いてみました。

  • 2度の交通事故関連の不祥事でインパルス堤下敦さんは謹慎中
  • 堤下敦さんの近況を、「元気みたい」と相方の板倉俊之さんが語った
  • ただ、板倉さんも連絡を取ったりあったりしておらず、また堤下敦さんもブログやSNSの更新がなく真相は不明
  • 謹慎期間の長さを心配しつつも、早く罪を償ってテレビ界に復帰してほしいとの声多数

エンタの神様で、「ボケとツッコミの化学反応」というキャッチフレーズがあったように、2人の息の合った演技は間違いなく爆笑できます。

また2人の部隊をテレビで見られる日を楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク