美人すぎる57歳、黒木瞳さん、七夕の願い「相撲が強くなりたい」に笑い

2018年8月1日から公開される映画「インクレディブル・ファミリー」の、ヘレンの声役で出演される女優の黒木瞳さんが、画映画「の日本版完成披露イベントに出席されました。

共演者とともに、自身と役柄の似ていると思うところを言い合ったりした後、もうすぐ七夕、とのことで、黒木瞳さんが短冊に書いた願い事が、会場を爆笑に包み込んだようです。

はたしてその意外な願いとは?黒木瞳さんの人物像や過去の活躍などについてもアプローチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

女優、黒木瞳さんとは

Hitomi Kurokiさん(@hitomikofficial)がシェアした投稿

黒木瞳さんは、1960年10月5日生まれで、年齢は57歳。

とても美人な女優さんで、年齢が57歳というのは驚きです。まだまだ30代ですよね。

1981年に宝塚歌劇団に入団し、その演技力は非常に高い評価を受けていました。

宝塚を退団した後は、数々のテレビドラマや映画に出演され、今も幅広く活躍されている、ベテラン美人女優です。

1990年、29歳か30歳で、電通社員の一般人と入籍して、旦那さんがいます。


スポンサーリンク

ドラマでの活躍

黒木瞳さんと言えば、様々なテレビドラマに出演されているイメージが強いですが、そのなかで印書的だったのが、GTO2012で、桜井理事長を演じられたところです。

自身の経営する進学校の、生徒たちが抱える闇の部分を解き放つために、鬼塚栄吉という教師をヘッドハンティングした教育者です、

鬼塚栄吉の教育のやり方が、あまりにも破天荒で、他の教師や、時にはマスコミから批判を浴びることになっても、最後まで鬼塚栄吉を信じ続け、最終的には鬼塚栄吉の良さを登場人物全体に理解させる、一番の主人公の理解者を見事に演じていました。

七夕の願い「相撲が強くなりたい」実は相撲月女優!

そんな黒木瞳さんが爆笑を誘った七夕の願いは、「相撲が強くなりたい」というもの。

57歳の美人女優とは思えない願いですが、いつも夫に負けて悔しいから、ということらしいですね。

黒木瞳さんは、子供のころから相撲を見て育って、代の相撲ファンだそうで、中でも千代大海とは連絡を取り合う仲だそうです。

強くなりたいのであれば千代大海さんに稽古つけてもらうのが一番早いかもしれませんね。

でも夫を投げ飛ばす黒木瞳さんって、あまり想像できませんね・・。

まとめ

  • 黒木瞳さんが、映画「インクレディブル・ファミリー」の、ヘレンの声役で出演
  • 同映画の完成報告会で、七夕の願いを「相撲が強くなりたい」と発表
  • 黒木さんは幼少期から相撲好きで、今も夫と対戦しているが勝てないとのこと

黒木瞳さんが声優を務める映画は、8月1日に上映開始だそうです。

夏休みの映画はこれでキマリですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク