たけしたゆうじ(レイシスト)は愛国者なの?科料9000円は妥当?

自身のブログを通じて川崎市に住む在日コリアンの男子中学生に対し、実名を挙げてヘイトスピーチをしたとして、大分県に住む66歳の男が侮辱罪に問われました。

日本のニュースでは66歳の男、としか紹介されていませんが、海外ニュースサイトによると、男の名前はたけしたゆうじ(漢字は不明)だそうです。

たけしたゆうじにたいし、科料9000円の略式命令が出されましたが、この刑罰は妥当なのでしょうか。

また、たけしたゆうじは果たして愛国者なのか、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

たけしたゆうじに科料9000円のニュースについて

たけしたゆうじ容疑者に関するニュースについては、以下のように報道されています。

在日コリアンの男子中学生(当時)をネット上の匿名ブログで誹謗中傷したとして、大分市に住む66歳の男性が侮辱罪で科料9千円の略式命令を受けていたことが、1月16日わかった。

被害者の弁護団が同日、発表した。ネット上の匿名者によるヘイトスピーチが侮辱罪で処罰された例は初めてだという。

引用 https://www.buzzfeed.com/amphtml/kotahatachi/sharaku?__twitter_impression=true

上記のサイトでは容疑者の名前が明かされていませんが、これだけ下劣なことを成人が行ったわけですから、名前を晒せという声も大きいと思います。

海外のサイトによると、この男の名前はたけしたゆうじだそうです。(漢字不明)

66歳にもなって、人を傷つけてはいけないなんていう幼稚園児でもわかるような事が分からないようで、こんな男が愛国者を語る事が同じ日本人として顔から火が出るほど恥ずかしいですね。


スポンサーリンク

たけしたゆうじは愛国者なの?

たけしたゆうじに限らず、ネット上で在日コリアンなどにたいしてヘイトスピーチを、繰り返す連中は沢山います。

内容はあまりに下劣すぎて当サイトでは紹介できません。

彼らは、「生まれた国、日本を愛する事がら何が悪いのか、韓国も同じように日本に対してヘイトスピーチをしている」などと主張します。

しかし、そんなやり方は決して愛国者がやることではありません。

むしろ日本を咎める行為です。

今のご時世、単一民族国家なんてものは存在しないし、多様な社会が常識となっている中、一部民族を咎める行為は、その民俗だけでなく、自国民に対してもなんのプラスにもなりません。

韓国側が日本に対してヘイトスピーチをしているのかどうかは分かりませんが、少なくともそれが、ヘイトスピーチを正当化する理由にはなりません。

やられたらやり返せ、は戦争肯定の論理です。

たけしたゆうじに科料9000円は妥当?

科料9000円というのは妥当なのでしょうか。

ネットのヘイトスピーチに対して、侮辱罪が適用されたことは初めてで、それ自体は画期的な事だと思います。

しかし、ヘイトスピーチをされた中学生やその家族は酷く傷ついたどころか、実名を晒された事で今も恐怖に怯えていることと思います。

9000万円でも高いとは思えません。

侮辱罪としての刑量を考えると9000円という結論になってしまうのでしょう。

やはりこれはきちんとヘイトスピーチを取り締まれる法律が存在しない事が問題でしょう。

これだけヘイトスピーチが社会問題になっています。

ヘイトスピーチに関する法整備、重罰化を政治家の皆様には議論していただきたいです。

スポンサーリンク スポンサーリンク