武岡龍世(八戸学院光星3番ショート)の打率や守備力走力は?身長は?

第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)が平成31年3月23日に開幕します。

出場校32校ですが、青森県から八戸学院光星の出場が決まっています。

八戸学院光星は、巨人の坂本勇人選手や、ロッテの田村龍弘選手など、多くのプロ野球選手を輩出している野球強豪校です。

青森県八戸市にある私立高校で、野球部の甲子園出場は3年ぶり10回目となります。

八戸学院光星は、昨年夏の甲子園にも出場しています。

八戸学院光星、6点差追いつかれるも延長戦制す!龍谷大平安との試合見どころは?

上記記事で示したように、第一試合は兵庫県の明石商業と対決、前半の6点リードを追いつかれるも、延長戦でヒットと相手のエラーもあり、辛勝しています。

2018年夏の甲子園、龍谷大平安vs.八戸学院光星、福山優希君と松本渉君の対決みられるか!

一方二回戦では、京都の龍谷大平安と対決となり、相手の打線が爆発、ここで八戸学院光星は甲子園を去ることになります。

今大会も龍谷大平安の出場も決まっており、リベンジを果たせるかが注目されます。

そんな八戸学院光星野球部の中でも、とくに注目すべき選手となりそうなのが3番ショートの3年生、武岡龍世君です。

走攻守のバランスが取れたプロも注目の選手です。

スポンサーリンク

武岡龍世(八戸学院光星3番ショート)の打率や守備力投手力や走力は?

八戸学院光星のキーマンと言われている武岡龍世君ですが、どれほどの野球の実力を持っているのでしょうか。

打率や、守備力、走力などを調べてみました。

武岡龍世君は、過去10試合に出場、35打席で16安打で、打率は.457と、非常に良い成績を残しています。

武岡龍世君は、八戸学院光星のキャプテンを務めていて、チームの仲の良さを生かして日本一を目指していこうと意気込んでいます。

武岡の世君は、小学生の時に野球を始め、中学時代にはすでに全国レベルの選手として活躍しています。

走力に関しては50m走が5秒9です。

高校3年生男子の平均は7秒2ですが、それをはるかに上回る俊足プレーヤーとしても有名です。

俊足、強肩を生かしたパワーで、守備力に関しても申し分のないプレーヤーです。


スポンサーリンク

武岡龍世の身長体格は?

強豪八戸学院光星のなかでもひときわ注目を集める君ですが、その体格も気になるところです。

武岡龍世君は、身長178cm、体重77kgです。

高校3年生の平均身長は171cmですから、それと比較しても身長が高く、体つきもがっしりしています。

野球選手としては、まずまずの恵まれた体系と言えます。

四月で三年生となる八戸学院光星の武岡龍世君。

キャプテンとしてチームを引っ張り、春の全国制覇だけでなく、夏の活躍にも期待される所です。

武岡龍世のプロフィール&まとめ

武岡龍君のプライベートも気になるところです。

化学が得意ですが英語が苦手らしいです。

将来プロ野球選手になり、さらに活躍すれば大リーグ行きもあるかもしれないので、野球を志す以上英語は大事ですね。

そこは克服してほしい所です。

とても温厚な性格で、歌を歌うことが趣味という武岡龍世君。

野球でもチーム内がピリピリすることは多々あるでしょうが、そんな時に良いムードメーカーにもなりそうです。

「武岡龍世(八戸学院光星3番ショート)の打率や守備力走力は?身長は?」と題して、八戸学院光星のキーマンの武岡龍世君についてまとめてみました。

  • 第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)が平成31年3月23日から開幕
  • 八戸学院光星でとくに注目すべき選手となりそうなのが、3番ショートで、キャプテンの武岡龍世君
  • 武岡龍世君はは打率.457、50m走は5.9秒
  • 身長は178cmで体重は77kg

今年の八戸学院光星は全国優勝を狙えるチームにまで成長しているようです。

武岡龍世君や他の選手がどのように活躍してくるか見ものですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク