六角圭の目利きは厳しいの?スシローのおいしさや低価格の秘密は?

2018年12月8日に放送予定の「ジョブチューン」では、「スシローで本当に美味しいネタは!?プロが教える「最高の方法」」と題された放送界になっていて、スシローの商品部長の六角圭さんが出演します。

六角圭さんは、スシローの商品の目利きを担当していて、水揚げされた魚介類などの吟味などを行っていて、スシローのおいしさを追求し続けています。

スシローは、回転寿司チェーンの中でも最奥手であり、最も安いもので1皿100円という低価格でお寿司が楽しめます。

「安いからそう美味しくないの?」と高級志向の方は思われるかもしれませんが、スシローのお寿司は安いからと言ってバカにはできません。

リーズナブルな商品の完成までにも、きちんと魚介類やコメに関する精査が入っていて、決して味が妥協されることは無いようです。

本稿では、そんなスシローのおいしさのカギを握る商品部長の六角圭さんについて、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

六角圭さんの目利きは厳しい?

スシローの商品部長を務める六角圭さんは、若いころは静岡県の清水港で働いており、日々マグロを見てきました。

その経験から、良いマグロ、悪いマグロを見聞きする「勘」が備わったようです。

六角圭さんの目利きは非常に厳しいようです。

まず100円という低価格で売らなければならない、でも100円だからと言って味に妥協してはいけません。

仕入れた冷凍マグロを厳しくチェックし、100円とは思えない味を引き出しています。

安価でおいしく、更に品切れを起こしてもいけない、こんな神業を、六角圭さんは自身の港での経験をもとに、長年成し遂げています。


スポンサーリンク

スシローのおいしさの秘密は?

スシローは、安価でおいしいこともあり、どの店舗でもひたすら混雑しています。

こんなにリーズナブルなのにおいしくて人気があるのはなぜでしょうか。

この美味しさの秘密は、上記に述べた六角圭さんの鬼の目利きに加え、セントラルキッチンを持たず、各店舗ごとにネタを切り分けて提供している点で、新鮮さを保っているということもあるようです。

スシローの従業員から幹部社員までの事細かなこだわりが、スシローの安さとおいしさを生み出しています。

まとめ

「六角圭の目利きは厳しい?スシローの過去最高収益を生み出した美味しさへの追及とは?」と題して、スシローがなぜリーズナブルでおいしいのかという秘密を少しだけ調べてみました。

  • 2018年12月8日に放送予定の「ジョブチューン」では、「スシローで本当に美味しいネタは!?プロが教える「最高の方法」」と題された放送界になっていて、スシローの商品部長の六角圭さんが出演
  • 六角圭さんは、かつての清水港での経験を活かし、マグロなどのネタの目利きを、厳しく行っている
  • 六角圭さんの厳しい目機器や、セントラルきっちを持たない鮮度へのこだわりなどから、低価格高品質な寿司が提供され続けている。

スシローは、安価でおいしいこともあり、どの店舗でもひたすら混雑しています。

特に休日の食事時間は、予約していないと2時間近く待たないといけません。

スシローに行きたい方は、お持ちのスマートフォンで、スシローのアプリをダウンロードし、早めに予約することをおすすめします。

スポンサーリンク スポンサーリンク