部分日食グラスはどこで買える?代用はできる?作ることはできる?

2019年1月6日に、全国的に部分日食が見られるチャンスがあるようです。

部分日食の観測は2016年3月9日以来の3年ぶりです。

部分日食は、月が太陽の前を横切るために、太陽の一部が隠される現象です。

月で太陽が全部隠れてしまう現象が皆既日食で、皆既日食の時は昼間でも夕方くらいの明るさになります。

今回みられるのは部分日食です。

観測したいと思う方も多いでしょうが、ぎらぎらと輝く太陽を直接言見るのは非常に危険です。

太陽に光は強すぎて、目を傷めることになり、最悪の場合失明することになります。

そんな部分日食を安全にみるためには日食グラスが必要になってきますが、はたしてそれはどこで売っているのでしょうか。

また、どうしても買うことができない場合は何かで代用したり作ったりすることはできるのか、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

部分日食グラスはどこで買える?

購入はこちらから→【1/16 1:59までポイント10倍】【ネコポス便送料無料】 太陽観察専用 S…

部分日食グラスは、楽天などの通販サイトで購入することができますが、直前では間に合わないでしょう。次回の時のために上記リンクから買っておいてもいいと思いますが。

日食グラスは、調べてみたところ結構市場にも出回っているようで、出向いてみれば買うことができる可能性がありますので最後まであきらめないでください。

  • 大き目の本屋さんの「科学」のコーナーに日食グラス付きの本が売っている可能性があります。
  • 町の小さな本屋さんでも取り扱っているかもしれません。
  • 眼鏡屋さんで取り扱っているかもしれません。
  • カメラノキタムラ、ヨドバシカメラなどの写真屋さんなどで売っている可能性があります。
  • 大手スーパーのおもちゃ売り場にある可能性があります。
  • 文具店においてある可能性もあります。

上記はあくまでも可能性で、仮に取り扱っていても直前で売り切れている可能性もありますが、部分日食を観測したい人はあきらめずに探してみてもいいと思います。


スポンサーリンク

代用できるものはある?作り方は?

探し回っても日食グラスが見つからない場合、代用できるものはあるのでしょうか。

残念ながら、日食グラス以外で太陽を直接安全にみる方法はありません。

昔は黒い下敷きを使って太陽を観測していた人もいたようですが、黒い下敷きでは太陽光の危険な成分を除去できないことが分かっています。

さらに、黒い下敷きによってまぶしさだけは軽減されえるので長い時間見てしまって逆に危険性が増しています。

決して黒い下敷きや普通のサングラスなどで代用はしないでください。

直截見ることはできませんが、間接的に観測できるようなものを作ることはできるそうです。

やり方は厚めの紙や発泡スチロールにコンパスなどで1mm大の穴をあけるだけです。できるだけ黒に近い色のものがいいと思います。

複数穴をあけてください。

観測の時は角度をうまく調節して、作ったものの影を作ると、穴に差し込んだ光が陰に点状に写ります。

日食が起こる前は丸い点々ですが、太陽が欠け始めるとその点々の形も変わってきます。

上記写真は家の電気でやっていますが、日食が起こっているときに太陽光を通してうまく影を作ると、点々の形がかけてきます。

このようにして間接的に観測することで安全にみることができます。

まとめ

 

「部分日食グラスはどこで買える?代用はできる?作ることはできる?」と題して、部分日食グラスの購入できる可能性のある場所や、どうしても見つからなかった場合の安全な観測方法についてまとめてみました。

  • 2019年1月6日に全国帝に部分日食が観測される
  • 部分日食を直接観測するには専用の日食グラスが必要
  • 太陽を直接見るのは危険
  • 書店やカメラ屋さんなどで購入できる可能性あり
  • 厚紙などに穴をあけてピンホールで陰に光を移すことで間接的な観測はできる

直接太陽を見るのは本当に危険などでおやめください。

次回は12月26日に観測できますので、今回どうしても専用グラスがない場合は、購入して次回に備えましょう(購入はこちらから→【1/16 1:59までポイント10倍】【ネコポス便送料無料】 太陽観察専用 S…

お住まいの地域で晴れるといいですね。

星空ガイド 2019/藤井旭【1000円以上送料無料】

上記ガイドを購入すれば、日食などの天体現象の情報を人より先に入手することができます。

この日食観測を機に購入されてみてはいかがでしょうか。楽天で買えば送料はかからないみたいです!

スポンサーリンク スポンサーリンク