2018年滋賀県知事選挙終盤情勢予想。相乗り批判多数も三日月氏優勢

任期満了に伴う滋賀県知事選挙は、投開票が6月24日に迫り、終盤の攻防に入っています。

選挙戦序盤に、こちらの記事で、序盤情勢を予想してみましたが、そのころは各メディアの発表する世論調査は見当たりませんでした。

しかし、今週の頭くらい、中盤になってJX通信の世論調査が発表されました。

私の予想が当たってる部分もありましたが、少し違う部分もありました。

なお、滋賀県知事選挙は、以下の2名が立候補しています。

三日月大造氏 (現職) 自民党、公明党、立憲民主党、社民党など支援

近藤学氏 (新人) 共産党推薦

スポンサーリンク

中盤情勢、三日月氏優勢、近藤氏追う、の状況終盤へ持続か

JX通信により、中盤情勢が発表されています。

滋賀県知事選の中盤情勢は、元民主党衆議院議員で現職の三日月大造氏が優勢で、新人で共産党推薦の近藤学氏が追う展開となっている。なお、態度未定者は約3割残っており、情勢は流動的だ。

政党支持層別では、三日月氏が支援を受ける自民支持層の約7割弱に加えて、立憲民主党・日本維新の会支持層のそれぞれ約5割、公明支持層の約8割を固めた。また、無党派のおよそ5割からも支持を得ている。

対する近藤氏は立憲民主党支持層の約2割、共産党支持層の約6割を固めたが、無党派層からの支持は約1割に留まり、三日月氏に離されている格好だ。

引用 :Yahoo news 6月18日配信 https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20180618-00086655/

終盤の情勢については情報がありませんでしたが、情勢が大きく変わったり、極めて接戦である場合に関しては、多くのメディアがこぞって配信すると考えられる事から、終盤になっても情勢に大きな変化はないと考えられます。

こちらの記事では、三日月氏優位と予想しつつも、「与野党相乗りへの不信感」から、国民民主党や立憲民主党支持者の票は2候補に割れる、と推測しましたが、JX通信の世論調査では、立憲民主党支持者の中でも、三日月氏への投票を決めている人が圧倒的に多いことが分かりました。

もともと三日月氏は民主党系の候補で、相乗りしてきたのは与党の方なので、あまり相乗りに対する批判はないのかなと思いましたが、そうでもないようです。


スポンサーリンク

相乗り批判は多数でも、近藤氏に票は流れず

実際に、国会では異なる意見をぶつけ合い、激論を交わしている与党と野党が、地方の選挙で同じ候補を応援することには、違和感を感じている人も多いようです。

※画像引用 京都新聞6月20日配信 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180620000080

京都新聞の報道によると、滋賀県知事選挙にて、与党と野党が相乗りすることをどう思うかという調査について、理解できるという意見が40%ほどだったのに対し、矛盾していると答えた人が半数近くになりました。

相乗り自体には、批判的な考えの人が多いようです。しかし、相乗りに批判的であっても、それが共産党候補の近藤氏支持に流れる、ということはあまりないようですね。

立憲民主党の支持者の場合、もともと三日月氏は民主党系の候補だったので、そこに与党が相乗りしてくるのは違和感があるが、もともと支持していた候補を変える理由にはならない、というのが大多数の意見ではないかなと思います。

自民党、公明党の支持者の場合、意見は以下の2つに分かれるでしょう。

  • 自民党が独自に候補を出して敗れると政権に痛手になるから相乗りはいい考えだ
  • もともと民主党系の候補を自民党が支持するのは矛盾している

しかし、両者どちらの意見にしても、自民党支持者が、「民主党系候補者」か「共産党系候補者」どちらかを選べと言われれば、前者の方が圧倒的にイデオロギーが近いでしょうから、これも近藤氏への票流れの理由にはなりません。

どちらにしろ、選挙戦は三日月氏が安泰のまま終わる可能性が高そうです。

近藤学氏勝利のシナリオは考えられるか

共産党が推薦する近藤学氏は、かなり厳しい選挙戦を強いられていることは間違いないと思います。

近藤氏が勝利できるようなシナリオはあるのでしょうか。

近藤氏勝利のためには、どこから票を流入させるかがポイントになってきます。

まず考えられるのが、先ほど述べた「与野党相乗り」に批判的な人の票を取り込むことでしょう。

しかし、上で述べたように、与野党相乗りに批判的でも、共産党の政策に賛同はできない人も多く、それでの大逆転は難しいです。

あとは野党支持者の票の取り込みでしょうか。

現職の三日月氏は、前回は民主党系の候補として、自民公明の候補を破って当選しましたが、今回は自民党の支援をもらっているので、当選後は自民党のイデオロギーに近づくことも考えられます。このことを理由に、野党支持者を引っ張ってくる作戦もありかとは思います。

しかし、自民公明以外のすべての野党支持者の票を固めて、それでなんとか互角に近いところまで行けるかな、というレベルなので、今の段階から野党票の取り込みでの逆転も厳しいでしょう。

原発について、現職の三日月氏は卒原発とは言っていますが、実質原発推進の自民党から支援を受けていますので、声高に原発はダメとは言えない状況です。

滋賀県内には原発はありませんが、福井県の原発が万一大事故を起こせば、県の北部に影響が出る可能性もあります。

ですから、原発を大きな争点に持って行って反原発表を取り込んでいくのも有効な作戦でしょう。

しかしこれも、すでに原発反対派の多くが三日月氏への投票を決めていることから、この点でも逆転は難しいですね。

実際のところ近藤氏の勝利は相当厳しいと考えられます。

8時になったら即三日月氏に当確、となりそうな気もします。

こうなると投票率の低下も心配です。

天気は悪くなさそうです。自分が投票してもどうせ変わらない、なんて思わず、選挙権を持つ人はしっかり投票という形で意思表示をしてほしいと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク