2018年滋賀県知事選挙情勢予想、三日月氏圧勝か。与野党相乗りの賛否は?

※6月22日追記 終盤の情勢についてはコチラ

任期満了に伴う滋賀県知事選挙が、すでに告示され、選挙戦に入っています。

滋賀県知事選挙には、

近藤学氏 共産党推薦

三日月大造氏(現) 自民党、公明党、国民民主党など支援

上記の2人の一騎打ちになり、選挙戦が繰り広げられています。

ネット上で探してみたところ、情勢や当落の予測について言及した情報は見られませんでしたが、三日月氏が圧勝の流れで進んでいることと思われます。

4年前の知事選では、現職の三日月氏が、自民公明の推す別の候補を破って当選しましたが、今回は自民党、公明党は対立候補を擁立せずに、三日月氏支援を決め、共産党を除く与野党相乗りの選挙になっています。

与野党相乗りの選挙に、それぞれの支持者から様々な意見が出てくることが予想されます。

スポンサーリンク

2018年滋賀県知事選挙情勢は?当落予想

ほぼほぼ三日月大造氏が圧勝で間違いないと考えられます。

近藤氏は、共産党1党のみの推薦で、当選することはかなり厳しいでしょうし、仮に共産党候補が接戦であるとすれば、もっと全国的に注目されていると思いますが、先週の新潟県知事選挙程の全国的な盛り上がりは見られません。

  • 自民党、公明党、維新の支持者の票は、ほぼ8割以上を三日月氏が固めると予想します。
  • 無党派層でも、6~7割は三日月氏が票を獲得し、圧倒的に有利になると考えます。
  • 国民民主党や立憲民主党、社民党の支持者の中では、票が2候補に分かれると思います。
  • 近藤氏は、共産党支持者のみ8割以上固められると思います。

上記から、三日月氏の圧勝、6月24日の投開票では、午後8時になったらすぐ三日月氏当確の速報が出ると予想します。


スポンサーリンク

与野党相乗り選挙に与党支持者はどう見るか

現職の三日月氏は、前回の知事選では、自民党公明党が擁立した候補の対立候補、すなわち野党系(共産党を除く)候補として、新幹線新駅や八ッ場ダムの建設反対、卒原発を掲げて当選しました。

その三日月氏に、今度は自民党公明党が相乗りします。

三日月氏に自民党色が強くなってきているという話もあり、ダムの建設や原発の話など、2018年の選挙が終わった後は、4年前に当選したときの公約とは違う状況になる可能性も十分に考えられます。

自民党候補として当選して、自民党の政策に歯向かう知事や市町村長はなかなかいない実情です。

自民党にとってはこの相乗りは良い考えだと思います。

仮に三日月氏に対立候補を立てて敗れると、秋の総裁選など、自民党全体にとって大きな打撃となることは間違いないからです。

三日月氏を自民色に染め、与野党相乗りの選挙で確実に当選させる状況を作ることで、その打撃のリスクを限りなく減らすことができます。

自民党支持者も、自民党の安定した政権運営を望んでいると考えられるので、大きな不満は出てこないのではないかなと思います。

与野党相乗り選挙に野党支持者はどう見るか

逆に野党系の支持者からは不満の声ががるかもしれません。

上記で、国民民主党などは票が2者に分かれる、と予想したのはそのためです。

以前の京都府知事選では、与野党が相乗りして、立憲民主党の支持者から不満の声が上がりました。

野党支持者は、1つの知事選でも自民党候補を破れば、政権交代に少しでも近づけることを理解しているので、自民党候補に相乗りすることは、そのチャンスをみすみす潰すことになる、と考えている場合が合います。

野党が1つになれば、自民党候補に勝てるかもしれない、というのは、先日の新潟県知事選挙で示されました。

惜しくも野党候補は敗れましたが、野党が1つになったと胃の底力は見せることができ、野党共闘すれば選挙の内容によっては良い結果が出るかもしれない、そういう思いで、与野党相乗りには否定的な支持者も多いです。

与野党相乗りすることについて、立憲民主党の枝野代表は、地方選挙での支持は、政策の一致だけでなく、その候補の安定した行政執行能力を重要視していて、その見識が野党間でも異なることがある、という説明をしていますが、一部自民党に不満はあっても共産党も好きでない、という支持者への配慮もあることだろうと思います。

結果は三日月氏が勝つでしょうが、共産党1党の推薦で近藤氏がどこまで追い上げられるか、野党支持者がどちらを支持するか、というところも注目ポイントになってくるかと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク