Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)で見出しタグ前にアドセンス配置!その方法は?

Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)という、とても便利なワードプレスのプラグインがあるので紹介させていただきます。

ワードプレスでブログを運営されている方の中には、「グーグルアドセンス」広告を用いて広告収入を得られている方も多いかと思います。

その中で、皆さんが悩むのがアドセンス広告を入れる位置です。

毎回記事を書くたびにグーグルアドセンスの広告タグを入れるのは面倒ですよね。

全ての記事で同じ場所に共通して入れたいと思う方が多いでしょう。

記事下やサイドバー、タイトル下などは、ワードプレスの基本機能(外観ウェジットなど)で設定可能ですが、たとえば最初のH2見出しタグの上に入れたいとか、2番目のH2タグ前に置きたい、といった場合、大概のテーマをお使いの方はそういった機能はついていないと思います。

phpをいじって外観ウェジットから全記事見出しタグ前に広告掲示をできるようにすることは可能ですが、それは専門的なPHPの知識が必要で、下手にいじるとサイト自体が真っ白になったりします。

しかし、Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)プラグインを導入すれば、難しい設定なしに、誰でも簡単に見出しタグ前などにアドセンスを配置することが可能になります。

スポンサーリンク

Sandwich Adsenseはバージョン4.0になってより便利に!

Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)は、4.0にバージョンアップされてより便利になりました。

以前までは、広告をSandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)で配置できる広告は1か所のみでしたが、複数個所配置できるようになりました。

さらに、広告を配置したくないページは配置しない、という設定も可能になってより便利になりました。

このプラグインともともとあるワードプレスの基本機能があれば、ほぼ自由自在に広告を配置することができます。

以下に使いかたを紹介していきます。


スポンサーリンク

Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)の使用方法は?

1、Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)プラグインをインストールし、有効化します

 

2、設定→Sandwich Adsenseをクリックして起動します。

Taget tagで、対象となる見出しタグを選択します。(H2、H3など)

Ad place from tagで、対象タグの上に入れるか、下に入れるか選択します

Escape ads tagに、アドセンスを入れないページに入れるタグを設定します。

3、アドセンスコードを入れる

アドセンスから取得した広告タグを貼り付けます。(実際に広告タグが分からないように画像を加工しています)

対象タグの1番目~4番目までの設定が可能になっています。

広告を入れたくないページではどうする?

アドセンスのポリシー違反になりうるページなど、個別にアドセンスを外したい記事も存在する方が多いかと思います。

そういった場合は、先ほど設定したEscape ads tagを活用します。

該当ページの右下辺りに、「タグ」といった欄があると思いますので、そこにEscape ads tagで設定したタグを打ち込んで、「追加」をクリックすればOKです。

これで、Sandeich adsenseで設定した広告はそのページでは表示されなくなります。

まとめ

「Sandwich Adsense(サンドウィッチアドセンス)で見出しタグ前にアドセンス配置!その方法は?」と題し、phpをいじることなく簡単に見出し前にアドセンス広告を配置する方法を紹介してみました。

なお、このプラグインは、もちろんアドセンス以外のもの(楽天モーションウェジットや忍者アドマックスなど)でも利用可能です。

導入前に、自身が使われているワードプレステーマとの相性も確認してから導入するようにしてください。

スポンサーリンク スポンサーリンク