ロシアプーチン大統領が辺野古工事批判!交渉を進める為の唯一の方法とは?

日本とロシアの平和条約の締結が足踏みしています。

安倍政権は北方二島の返還合意で条約締結を語っていましたが、後の二島は放棄するのか、という批判もあり、交渉はスムーズとは言えませんでした。

ここに来てさらに硬直しそうな発言がプーチン大統領から飛び出しました。

プーチン大統領は、沖縄の辺野古新基地建設が、知事や県民が反対しても進んでいることから、日本の主権レベルを疑う、と発言。

プーチン大統領は、返還された北方領土に、アメリカ軍基地が置かれないことを返還の絶対条件としていますが、そのことに確信が持てない限りは交渉がこれ以上進まない気配になっています。

はたしてこの硬直状況を、打開する術はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ロシアの辺野古批判について

ロシアのプーチン大統領が辺野古批判をしたニュースについて、yahoo!ニュースでは以下のように報道されています。

プーチン露大統領は20日の記者会見で、日本との平和条約と在日米軍の問題について「平和条約を結んだ後にどうなるのかは分からないが、この問題を抜きにして最終的な決定を下すことは非常に難しい」と述べた。ロシアは日ソ共同宣言(1956年)に基づき歯舞群島や色丹島を日本に引き渡す場合でも、米軍が両島に展開しないという保証を求めており、プーチン氏がこの点を改めて強調した形だ。

また、沖縄県の玉城デニー知事や住民の反対にもかかわらず、米軍普天間飛行場の移設計画に伴い同県名護市辺野古沿岸への土砂投入が始まったことについて「日本の主権のレベルを疑ってしまう」と批判的な見解を示した。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000091-mai-int

沖縄の辺野古工事の問題を取り上げ、北方領土が日本に返還された後、米軍基地が置かれないことに確証が持てない、という意見です。

プーチン大統領が勘違いされているのは、辺野古工事の問題で日本の主権レベルが疑わしい、といった点です。

日本政府がアメリカに交渉すれば辺野古工事は止められるでしょう。

むしろ日本政府の意向で辺野古工事が進められているイメージです。

ですので、「北方領土が返還された後、地元住民が反対しても米軍基地ができないという確証が持てず、日本の民主主義のレベルを疑う」というのがプーチン大統領が、懸念すべき事項だと考えられます。


スポンサーリンク

交渉進展には辺野古工事の中止が確実!

この硬直した状況を先に進めるには、やはり辺野古工事の中止が一番いい策でしょう。

もちろんら2島返還だけでは日本人は納得できませんが、4島や、さらに千島列島の返還も求めていく、となれば、交渉を硬直させたままではいけないでしょう。

ここで日本政府の意向で辺野古工事中止を決めることができれば、プーチン大統領も日本の主権レベルを疑わなくてすみ、交渉が進んでいくでしょう。

まとめ

「ロシアプーチン大統領が辺野古工事批判!交渉を進める為の唯一の方法とは?」と題して、プーチン大統領が、沖縄の辺野古問題を持ち出したことを記事にしてみました。

  • 日本とロシアの平和条約の締結が足踏み
  • ロシアは沖縄の辺野古問題を取り上げて日本の主権レベルを疑問視
  • ロシアが疑うべきは日本の主権レベルではなく民主主義のレベル
  • 交渉を進めるには辺野古工事中止しかない

北方領土は日本の領土です。

2島だけではなく、全島返還され、いずれ直接根室から船で観光できる日が来ることを祈っています。

スポンサーリンク スポンサーリンク