ろくでなし子によるなうちゃんへのいじめ行為とネトウヨの誤解について

自称アーティスト、フェミニストの漫画家、ろくでなし子さんという方が、ツイッターでの個人アカウント「なうちゃん」という方に対してのいじめ行為を首謀し、全く反省していない様子から幅広く避難を浴びています。

ろくでなし子さんは1972年生まれの47歳。

マイクスコットさんという方と結婚して45歳で男児を出産しています。

このブログは、小さな子供からお年寄りの方まで、老若男女幅広い方を対象に執筆していますので、ろくでなし子さんの作品の主な作風については、健全なブログ運営という観点から紹介できません。(決して作風そのものを否定しているわけではありません)

一方、別な人物像として、ろくでなし子さんはネトウヨ漫画家という一面があります。

リベラルの人たちをバカにする言葉をツイッターで連投するなど、

フェミニストを自称する割には差別に加担しているようです。

今回騒動になっているなうちゃんさんへのいじめに関しても、指摘されても悪びれず、自身を支持するネトウヨと共に、こねくり回した理屈で開き直るという見苦しい姿を見せています。

一方でなうちゃんさんというアカウントは、主にリベラルな立場で、安倍政権や維新の横暴な政治について批判したり、人種差別撲滅などを果敢に発信しているアカウントで、しばしばネトウヨの攻撃にあいます。

個人の方ですが、フォロワー数が多い分影響力もあり、痛いところをつかれた維新の国会議員からもらも誹謗中傷リプを受けています。

なうちゃんさんの気持ちを考慮すれば、このようなブログで紹介するのもよくないのかもしれません。

もしなうちゃんさん本人から当記事の削除要請があれば削除します。

この世の中からいじめをなくすにはいじめの実態も発信しなくてはいけない、

なうちゃんさんをはじめ、あらゆるいじめの被害から多くの人を救うためにも、実態を訴えていく必要があると考え、当記事の公開に踏み切りました。

スポンサーリンク

ろくでなし子のなうちゃんいじめの真相

ネトウヨ漫画家ろくでなし子さんによるなうちゃんさんいじめの発端は、なうちゃんさんが、ツイッターで使用していたアイコンについての騒動のようです。

なうちゃんさんアイコン騒動

なうちゃんさんは、アニメのアイコンを使用していましたが、それがアーティストLさん(仮称)が作成したものでした。

なうちゃんさんは使用許可を得ている、という認識で使っていたようですが、そこに少しアーティストLさんとの行き違いがあったようです。

一方、なうちゃんさんのツイッター投稿の内容を、快く思っていなかったアカウントS(仮称)が、アーティストLさんに密告します。

「なうちゃんという、社会に不満を撒き散らしているアカウントあなたのイラストを無断で使用している」という旨の内容です。

許可を得ているかいないか、という点でなうちゃんさんとアーティストLさんには食い違いがあったようですが、なうちゃんさんが不満を撒き散らしているというのは完全な言いがかりで、単にアカウントSと考えが違うだけです。

一方アカウントSは、典型的なネトウヨとまではいきませんが、韓国を侮蔑したり、事故などで亡くなったり怪我したりした人を自業自得と吐き捨てるなど、要所要所に攻撃的なツイートが見られました。

アーティストLさんの対応

アーティストLさんのアカウントは、純粋にイラストを紹介しているもので、政治的なものは一切ありません。

また、アーティストLさん自身、政治には全く関心がなく、政治の話をすることを好まないようです。

なうちゃんさんのアカウントが、政治色が強く、炎上しやすいものであることから、そういったアカウントでの自身の作品使用は控えてほしい、となうちゃんに通達を出しました。

なうちゃんさんは、それを受け入れ、アーティストLさんの作品の使用を中止しました。

アーティストLさんが、なうちゃんさんのイラストの使用中止をお願いしたのは、なうちゃんさんが無断使用したからでも、アカウントに問題があるからでもなく、

多くの人と論争を交わすアカウントと、アーティストLさん自身の作品が相容れない、というものです。

ネトウヨの皆さんは、「なうちゃんさんがアイコンを無断使用したから使うなと言われた」というデマを巻いていますが、全く違います。

アーティストLさんも、なうちゃんさんと争うようなことは望んでおらず、

これ以上なうちゃんさんがアーティストLさんの作品を使用しない、必要以上に二人が関わらない、という話でおおよそ和解していますので、アイコン騒動に関しては解決していると考えて良さそうです。

余計なお世話なハッシュタグが出回る

その後、なうちゃんさんに新しいアイコンを!といったハッシュタグが出回ります。

今までのアイコンが使えなくなったなうちゃんさんを気遣ったようなものではなく、

アンチなうちゃんのネトウヨによる、アイコン騒動を、面白がって茶化すような人たちによって拡散されたハッシュタグです。

その中でも絵を描く能力のある人は、明らかになうちゃんさんを中傷するような絵を描いて投稿したりしています。

この時点でなうちゃんさんへのいじめが始まります。

そして、あろうことかそのなうちゃんいじめに、自称アーティストのろくでなし子さんが加担することになるのです。

ろくでなし子による中傷アイコンの拡散

ろくでなし子さんは、はじめなうちゃんさんに対してセクハラまがいのツイートとともに絡みます。

その時点でなうちゃんさんは恐怖を感じますが、冷静にろくでなし子さんの挑発を否定しています。

はじめの冷静な様子から、ろくでなし子さんは普通になうちゃんさんが友好的に接してきている、と勘違いします。(もしくは嫌がってるのをわかっていて友好的と後からこじつけたのかもしれません)

そして、なうちゃんさんから何度も拒否されているにもかかわらず、ついには悪意に満ちたイラストを描き、さらにフリー素材として万人への使用を許可してしまいます。

なうちゃんは、若い女の子のアニメキャラのアイコンを使っていましたが、

ろくでなし子は、「中年の男性のイメージで描いたよ、可愛いでしょ?」といい、髪の毛が薄く、うすら髭の生えた男性の絵を描き、周りに乙女チックなデコレーションを配置してものを公開します。

これになうちゃんさんが不快感を示すと、「あれ、なうちゃん怒っちゃった。じゃあこれはなうちゃんじゃなくて身近な共産党議員という事にします。」

と言い放ちます。

薄毛の中年男性への差別?ろくでなし子の呆れる暴論!

なうちゃんさんが明らかに不快感を示しているハッシュタグに便乗した時点で、ろくでなし子は明らかにいじめに加担しています。

その時点でどのような絵であろうと悪意がこもったものであることは間違いないのです。

にもかからず、ろくでなし子は、「この絵を批判するのは薄毛の中年男性への差別だよ」といった訳のわからない、呆れるような暴論で開き直り、全く反省していません。

百田尚樹や高須克弥といった影響力のあるネトウヨは、典型的な差別ツイートをしても信者によるぶら下がり擁護リプで溢れます。

良識あるネットユーザーの避難リプも、大概は無視されます。

しかし、一部の批判リプは、著名ネトウヨによって吊るし上げられ、信者たちの炎上攻撃が促されます。

ろくでなし子も例外ではなく、信者たちが可愛い絵ですね、などと言ってろくでなし子のいじめ行為を擁護し、さらにいじめに加担しています。


スポンサーリンク

まとめ!ろくでなし子のイラストを使用しないで!

ろくでなし子によるなうちゃんへのいじめ行為とネトウヨの誤解について」と題して、ツイッター上で行われている漫画家ろくでなし子による陰湿ないじめについてまとめてみました。

ろくでなし子さんは、45歳で出産し、一児の母です。妊娠中は、「いじめに負けない子になってほしい」と自身のホームページで言っていましたが、自分自身がいじめに加担しています。

このような方が子育てをしている。息子さんの将来も心配ですね。

ろくでなし子は、悪意に満ちたイラストを、フリー素材として万人に使用を許可していますが、それを使用することはいじめに加担することであり、絶対に使ってはいけません。

大概のネトウヨは、ストレートな暴言でヘイトの対象に対し、心の表面から破壊していきます。

一方ろくでなし子というネトウヨは、ストレートな暴言ではなく、相手の心の内部から蝕んでいくような、より陰湿ないじめを行なっているイメージです。

ストレートな暴言ではない分、SNS社もアカウントを凍結しにくく、より厄介な存在になっています。

一人一人の良識あるネットユーザーが、ろくでなし子の陰湿ないじめ行為を非難していかないといけないですね。

最後になりましたが、いじめ行為をどうしても見逃すことができず、このような記事を書きました。

勝手に記事にしてしまったこと、なうちゃんさんにはお詫びを申し上げて、記事を終わらせていただきます。

スポンサーリンク スポンサーリンク