大村秀章知事はダブルスタンダード?表現の不自由展&自由展はヘイト?

最近終了した、3年に一度の芸術の祭典、あいちトリエンナーレで、表現の不自由展が話題になりました。

ネトウヨたちが「反日の象徴」と決めつけている平和の少女像や、昭和天皇の肖像画が焼かれるシーンのある映像作品などがてんじされていたため、ネトウヨの脅迫により、開催後3日で中止に追い込まれました。

本来ならばネトウヨの脅迫が批判されるべきでしたが、なぜか竹田恒泰氏などの極右文化人や、名古屋市の河村たかし市長、大阪府の吉村知事などの極右系政治家たちが、ネトウヨの脅迫の卑劣さをスルーして、作品そのものを攻撃しました。

特に、公権力による展示批判は憲法で禁止された検閲の恐れが高く、許されるものではない、というのが一般的な考えとなっています。

一方で、こういった動きの中で、見直したのが大村秀章愛知県知事です。

以前愛知県知事選挙前、当サイトでは大村秀章知事に関して「福祉よりもインフラ整備」といった、やや批判的な記事を作成しましたが、この表現の不自由展を、巡る取り組みにおいては、非常に支持できる対応を取られたと思います。

脅迫により表現の自由が脅かされてしまったことに危機感を抱き、全力で表現の不自由展再開に向けて取り組まれました。

結果として、人数制限などを設けて限定的ではありましたが、再開を果たすことができました。

人数制限などを設けることについては、苦渋の決断だったと思いますが、安全面に配慮しつつ、少しでもノーマルに近い形での再開のために全力で取り組まれた大村秀章知事を心から讃えたいと思います。

一方で展示再開に際し、河村たかし市長は、公権力者としては憲法違反の可能性が高い抗議の座り込みを行い、

竹田恒泰氏は天皇陛下の即位礼に大村秀章知事が出席したことを批判するなど、

ネトウヨと一緒に大村秀章知事を攻撃しました。

その中でも特に許されないのが、元在特会代表で、現在は日本第一党という政治団体の代表をしている桜井誠氏らによる報復です。

桜井誠氏らは、愛知県の施設を利用し、「あいちトリカエナハーレ、表現の自由展」というものを開催、中には「犯罪者は全員朝●人」と書かれたカルタなどが展示されていました。

県の施設を利用し、ヘイトスピーチを繰り広げた事に対し、大村秀章知事は批判しました。

すると、「だったら日本ヘイトはいいのか?」「大村知事はダブルスタンダード」などといったバッシングが大村知事に浴びせられました。

当ページでは、果たして大村秀章知事がダズルスタンダードなのか、あいちトリエンナーレ表現の不自由展で展示されたもの、あいちトリカエナハーレ表現の自由展で展示されたものはヘイトに当たるのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

あいちトリエンナーレ表現不自由展はヘイトには当たらない

まず、電話での誹謗中傷を受けて中止に追い込まれ、大村秀章知事の不断の努力により限定的ではあれど再開を果たしたあいちトリエンナーレ表現不自由展で展示されたものは、日本ヘイトに当たるのでしょうか?

まったくあたりません。

まず、ヘイトという言葉の定義からして、日本人が日本で日本ヘイト、というのは訳の分からないものです。

もちろんヘイトでなくても、個人に対するいわれのない誹謗中傷などは適切ではないでしょう。

しかし、それを考慮しても、表現の不自由展で展示されていたものは、れっきとした表現の自由の範囲内であり、それを公権力が止めるのは検閲と言われても仕方がありません。

例えば昭和天皇の肖像画が焼かれる作品は、昭和天皇の絵が焼かれているところだけがピックアップされ、天皇陛下への侮辱だ、と非難されている訳ですが、実際は、この作品の作者が、過去に天皇陛下をモチーフにした絵を描いたところ、検閲されて焼却された、という事があり、それに対する抗議の意味が込められている作品です。

天皇制を批判する意図で作られた、というのは完全な誤解です。

仮に天皇制批判でそのような作品が出品されていたとしても、それは公権力批判であり、政治的主張ですので、ヘイトスピーチにはあたりません。

また、平和の少女像に関しても、あたかも反日の象徴のように言われていますが、それは従軍慰安婦のみならず、戦争によってじょせいの人権が損なわれたことを憂い、平和を願う目的で作られたものであり、日本ヘイトにはあたりません。

むしろ平和の少女像を反日の象徴と断定し、過去に日本が起こした戦争犯罪を正当化したり無かったことにする、こちらの方がヘイトに近い行為ではないでしょうか。


スポンサーリンク

あいちトリカエナハーレ表現の自由展はれっきとしたヘイトスピーチ

一方で、桜井誠氏らが開催したあいちトリカエナハーレ表現の自由展には、れっきとしたヘイト表現が含まれています。

「犯罪者は全員朝●人」などと書かれたカルタなどが展示されています。

言うまでもなく日本国内で起きた犯罪の殆どがが日本人による犯行です。

もちろん在日朝鮮人の犯罪がないわけではありませんが、それによって民族そのものが犯罪集団のように表現されることは完全なヘイトスピーチであり、表現の自由の範囲を著しく超えています。

あいちトリエンナーレ表現不自由展の作品を批判したり、公権力者としての大村秀章知事を批判することは、自由だと思います。

しかし、日本人が日本で開催し、日本の知事が開催を許可した催しに対する報復措置に、近隣諸国を罵倒する形を取るのはどう考えても異常な行為です。

大村秀章知事はダブルスタンダードではない

上記より、あいちトリエンナーレ表現不自由展はヘイトにはあたらず、あいちトリカエナハーレ表現の自由展はれっきとしたヘイト表現が含まれています。

したがって、前者の開催を許可し、後者を批判した大村秀章知事の対応は極めて適切なものであり、ダブルスタンダードだとは言えないでしょう。

大村秀章知事は、今後も表現の自由が認められ、ヘイトスピーチや差別のない世の中を築くために、愛知県知事として頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク