沖縄県知事選挙結果速報!玉城デニーに当確!勝因と佐喜真淳の敗因は?今後の沖縄は?

知事の死去に伴う沖縄県知事選挙は、全国的にその動向が注目されていましたが、野党やオール沖縄が推していた玉城デニーさんに当確が出ました。

対する佐喜真淳さんは、政権与党や維新、希望の党支援を受け、徹底した組織戦を繰り広げて善戦しましたが、及びませんでした。

当サイトでは、佐喜真氏の勝利を予想していましたが、はずれてしまい申し訳ありませんでした。

この記事では、選挙戦を振り返りながら、玉城デニーさんの勝因や佐喜真淳さんの敗因などについて考察していきたいと思います。

そして、新しく知事となった玉城デニーさんさんが、今後どのような県政を運営していくべきかなども考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

沖縄県知事選挙は玉城デニーさんに当確!勝因は?

玉城デニーさんの一番の勝因は、辺野古新基地建設をきっちり反対したことが、有権者に幅広く浸透したことが一番のものでしょう。

それに加え、名護市長選挙や新潟県知事選挙の敗因を活かして、自公の組織戦に負けない期日前投票の徹底を行ったことも台風による悪影響を最低限に抑えた原因になっていると思います。

また、SNS上の支援者たちの動きも玉城デニーさんが劣勢になりかけていた空気を再び優勢モードに変えました。

選挙戦序盤は、玉城デニーさんに対するSNS投稿は、真偽不明の情報を用いて「これ説明しろ」なんていいう誹謗中傷的なものが多かったですが、後半になるほど「頑張れ、デマは良くない」といった意見が多くなっていて、ネット環境での雰囲気が変わってきていることを感じていました。

投票日に日付が変わってから、再び玉城デニーさんを非難するツイートが増えましたが、それは支援者が公職選挙法を守ったために、それを守らないアンチが目立ちはじめてます。

彼らはそれなりの罰を受けることでしょう。

その件は有権者も理解していた、29日の23時59分までの書き込みの空気のまま投票日を迎えられたと思います。


スポンサーリンク

佐喜真淳さんの敗因は?

佐喜真淳さんは、徹底した組織戦で知名度的な劣勢を塗り替える勢いでしたが、少しやりすぎな感じが有権者に伝わってしまったことだと思います。

創価学会員が内地から大量に押し寄せて選挙活動を繰り広げたことも、少し有権者に恐怖を与えたのかも知れません。

また、佐喜真淳さんを支持する人たちの支援の仕方にも批判が集まりました。

デマ動画の拡散、真偽不明の情報拡散、自身の応援する候補を褒めるよりも相手陣営の批判を中心とした応援の仕方など、そういったやりかたが批判を浴びたのも佐喜真淳さんの敗北につながったと思います。

公明党の議員さんまでもがデマ動画を拡散していて批判を浴びました。

「携帯電話料金を4割引きにする」という公約は、若い人にも分かりやすい内容ですが、県にそんな権限がないことが報じられ、一気に信頼性も落ちてしまったこと、そのことを全力で支援していた菅官坊長官が庇いきれなかったことも痛手でした。

今後の沖縄は?基地はどうなる?

沖縄県知事選挙2018の結果によって基地問題や経済はどうなるか徹底予測!

上記記事で書いたように、玉城デニーさんは、辺野古の新基地建設に反対しています。

国側は工事を進めようとして来ようと思いますが、最終的には政権維持のためにはあきらめざるを得なくなると思います。

ただしそれまでの戦いは大変だと思いますので、沖縄県民や他の地方からの人たちで、全面的に協力して戦っていく必要はあるでしょう。

普天間の固定化も避けなければなりません。

そこは玉城デニーさんの交渉力が求められています、

沖縄に基地ができた経緯などを世界に発信し、世界を味方につければ普天間の無条件返還も夢のまた夢ではないでしょう。

玉城県政の元で、沖縄の青い海と空が私たちの子の世代、孫の世代に受け継いで行けることを強く望んでいきたいです。

スポンサーリンク スポンサーリンク