衆院沖縄3区補選情勢予想!(告示前)や争点は?動向は県民投票次第か!

4月24日に、衆議院議員沖縄3区の補欠選挙が行われます。

衆院選ぽ結縄3区補選は、もと衆議院銀の玉木デニー知事が昨年9月に沖縄県知事選に出馬したことによるものです。

従来なら知事選挙と同日に行われるところですが、衆議院の1票の格差問題で裁判のさなかにあったため、補選は行われず、結局は4月21日に実施されることになっています。

まだ告示前なのではっきりしたこてゃわかりませんが、立候補を表明しているのは、

  • 屋良朝博さん(沖縄タイムス論説委員、フリージャーナリスト)
  • 島尻安伊子(元参議院議員・沖縄担当大臣)

屋良朝博さんは、玉木デニー知事が自由党に所属していたので、自由党県連の選考により要請が決まっています。

かつては稲峰進さん(全名護市長)の擁立もうわさされましたが、出馬はなさそうで、事実上の屋良朝博さんと、島尻安伊子の一騎打ちになりそうです。

亡くなった翁長前知事や、玉木デニー知事が引っ張るオール沖縄候補として屋良朝博さん、政権与党系の候補として島尻安伊子さんが戦うことになりそうです。

本稿では、衆院沖縄3区補選情勢予想!(告示前)や、争点について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

衆院沖縄3区補選の争点や地域の抱える問題は?

衆院の結縄3区補選の最大の争点はやはり辺野古基地問題でしょう。。

名護市は、宜野湾市にふ普天間の候補先としてすでに土砂の投入などが行われています。

その賛否が投票先に分かれそうです。

自民党は、政党色を出さずに基地を争点化しない作戦を使ってくるでしょうが、辺野古の争点化は避けられないでしょう。

あとは経済も重要になってきます。

島尻さんは国とのパイプを生かして地域振興を訴えるでしょうが、屋良さんは国や基地頼らない経済を掲げて選挙戦を戦うと思われます。


スポンサーリンク

衆院沖縄3区補選情勢予想!(告示前)は県民投票次第か

辺野古移設に対し、島尻さんは実質賛成(争点隠しをするかもしれないが)、屋良さんは明確に反対を掲げています。

屋良さんは、辺野古も普天間もNO、という最も県民に寄り添った立ち位置に立っています。

告示前の情勢としてはどちらが有利でしょうか。

沖縄県民投票は反対のための実施なのか?反対に〇?賛成に〇?不参加?

上記で示したように2月24日に辺野古新設の是非を問う県民投票が行われています。

この県民投票の結果が沖縄3区補選の情勢に大きく影響すると思われます。

県民投票で賛成が多数になれば島尻さんに有利になり、反対多数になれば屋良さんが有利になるでしょう。

先の県知事選挙や、メディアの世論調査でも明らかなように、反対多数になる可能性が高い思われますので、選挙2か月前の情勢予想としては、屋良朝一さんが優勢ではないかと予想します。

スポンサーリンク スポンサーリンク