沖縄県知事選挙、佐喜真淳候補、また辺野古争点隠し、何度も通用するのか?

2018年9月30日に投開票が行われる沖縄県知事選挙。

自民党、公明党、維新の党が推薦する佐喜真淳氏が、公約を発表しました。

選挙の最大の争点になるであろう普天間基地の辺野古移設の是非については、普天間の早期返還を目指すとしながらも、辺野古への移設の是非については触れませんでした。

いわゆる辺野古の「争点隠し」で、辺野古移設反対の玉城デニー候補に挑む作戦のようです。

佐喜真淳氏が、「辺野古容認」であることは明らかで、一方で県民が「辺野古反対」が多数なのは明らかですが、この争点隠し作戦は、果たしてうまくいくのでしょうか。

結論を言うとうまくいくと思います。

その理由について考えてみます。

スポンサーリンク

国政野党、「争点隠し」作戦に対する対策がない

佐喜真淳氏がとろうとしている「争点隠し」作戦は、かつて何度も地方選挙の自公維候補がとり、成功させてきた作戦です。

2月に行われた沖縄県の名護市長選でも、市民の大多数が辺野古反対の状況で、実質辺野古推進派の自公系候補が「争点隠し」作戦を成功させ、大差をつけて勝利しました。

その後の石垣市長選では、石垣島への自衛隊配備にの是非が問われ、これも島民のほとんどが反対していましたが、うまく争点をぼかして自衛隊配備推進派が圧勝しています。

話は沖縄を離れますが、6月の新潟県知事選挙では、柏崎原発の是非が争点となり、ほとんどの県民は原発反対にもかかわらず、原発争点隠しがうまくいき、ここでも自公系候補が勝利しています。

何度もこの作戦が通用しているのは、野党側に争点隠し作戦に対抗するすべが見いだせていないところにあるのではないでしょうか。

沖縄県知事選挙の最大の争点は「辺野古移設の是非」であり、玉城デニー氏は移設反対、佐喜真淳氏は態度を濁せど国の方針を拒否する可能性がないことを、玉城デニー陣営は有権者に語り掛け、絶対に争点を隠させない作戦を練っていく必要があるでしょう。


スポンサーリンク

県民「辺野古新基地が止まるなら野党候補に入れるけど無理でしょ?」

一方で、争点隠しをしたからと言って、自公系候補が辺野古新基地を止めてくれると考えている有権者は少なく、容認派であることは大体わかっていると思います。

それでもなぜ自公系が有利な情勢になるのか、その答えと思われる意見が、かつての名護市長選挙で自公系の渡具知さんに投票した有権者が答えていました。

「辺野古が止まるなら稲嶺さん(落選した国政野党系候補)に入れるけど無理でしょう?」

この思いが沖縄県民に広がりつつあります。

本サイトのほかのページでも何度か述べてきましたが、中央の国家権力が戦後類を見ないほど強くなっていて、まったく地元の市町や県知事でも対抗する力がなくなっているのが現状です。

かつて2014年ころには、「県民が一体となれば辺野古は止められる」という思いが沖縄県全体に広まり、翁長知事や稲嶺市長などが誕生しましたが、止まる気配はなく、県民がいくら抗議活動をしても泊まる気配がなく、国家権力と戦う気力もなくなってきているのが実状ではないでしょうか。

玉城デニー氏は、「辺野古を止めることは可能」という意見を、説得力のある理由とともに県民に説く必要があり、かなり厳しい選挙戦になることは間違いないと思われます。

スポンサーリンク スポンサーリンク