大神いずみの出身高校大学は?子供はいる?糖尿病と診断されていた!?

10月18日放送予定の「主治医が見つける診療所」に、アナウンサーの大神いずみさんが出演します。

大神いずみさんは、1992年に日本テレビに入社し、アナウンサーとしてデビューしています。

日テレ時代には、ウンナン世界征服宣言や、THE・サンデーなどの出演番組がありました。

1999年に退職してフリーになった後は、チャンスの殿堂や、クリィムクイズミラクルナインなど、様々な局のテレビをに出演し、活躍の場を広げています

大神いずみさんは、1969年6月10日生まれの49歳ですが、子供は要るのでしょうか。

また、出身高校大学などについても調べてみました。

過去に主地位の見つける診療所に出演したときに、糖尿病と診断されたことがあり、大神いずみさんの健康状態も気になるところです。

スポンサーリンク

大神いずみの出身高校大学は?

大神いずみさんの出身高校や出身大学について調べてみました。

大神いずみさんの出身高校は、福岡女子院高等学校です。

福岡女子院高等学校は、福岡県福岡市南区のあるキリスト教系の女子高です。中高一貫校で、高等学校の偏差値は58-62の名門校です。

福岡女子院高等学校卒業後は、フェリス女子学院大学文学部英米文学科で学んでいます。

フェリス女学院大学は、神奈川県横浜市緑区にある大学で、邊冊は45前後の中堅大学です。


スポンサーリンク

大神泉さんに子供はいるの?

大神いずみさんは、元プロ野球選手の元木大輔さんと結婚しています。

そんな大神いずみさんと元木大輔さんの間には、2人子供がいます。

2006年1月に長男を出産し、自身のブログで名前は「かいじゅー君」と言っています。

その4年後、2010年に41歳の高齢出産で次男を出産しています。

現在、12歳と8歳になっている計算ですね。

フリーアナウンサーとして活躍しながら、子育ても頑張っているようです。

大神いずみさんは糖尿病と診断されていた?

大神いずみさんは、2018年4月5日に「主治医が見つかる診療所」に出演した際に、糖尿病というショッキングな診断を受けています。

糖尿病は、最も多いすい臓の病気の一つで、すい臓がインスリンを分泌する能力に問題が出てくる病気で、主に生活習慣が原因と考えられています。

その1年前に同番組に出演した際に、糖尿病予備軍と言われ、食事制限やダイエットをしたにもかかわらず、診断されてしまいます。

食事制限やダイエットを始める前の段階ですでに糖尿病を発症していたと考えられるそうで、おそらく今も食事制限を続けていると思われます。

おそらく10月18日放送の際に、その食事制限がうまくいっているのかどうかがハッキリするのではないでしょうか。

まとめ

「大神いずみの出身高校大学は?子供はいる?糖尿病と診断されていた!?」という内容で記事をまとめてみました。

  • 大神いずみが、10月18日放送の主治医が見つかる診療所に出演する
  • 大神いずみさんの出身高校大学は、福岡女子院高等学校フェリス女子学院大学文学部英米文学科
  • 大神いずみさんは、夫の元木大輔さんとの間に、2人の子供がいる
  • 大神いずみさんは、以前の主治医が見つかる診療所で糖尿病と診断されていた

子育てと病気の管理、アナウンサーの仕事と、やることがてんこ盛りの大神泉さんですが、無理のない範囲で今後も活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク