NGT48山口真帆が暴漢に襲われるも犯人不起訴釈放!新潟県警の処分理由は?

またしても女性が被害にあう恐ろしい事件が起きました。

アイドルグループNGT48のメンバー山口真帆さんが、自宅で暴漢に襲われ、命の危険を感じたとのニュースがありました。

NGT48は、AKB48の姉妹グループで、新潟を中心に活動しているアイドルユニットです。

犯人は2人組の男で、自宅に押しかけられた、という点で完全に山口真帆さんの住所がバレています。

2人の犯人はその後逮捕されましたが、驚くことに不起訴釈放!

その対応に全国から批判が殺到しています。

スポンサーリンク

NGT48山口真帆が暴漢に襲われたニュース

NGT48の山口真帆さんが暴漢に襲われたニュースについて、ヤフーニュースでは以下のように報道されています。

2015年に結成された新潟市を拠点とするアイドルグループ、NGT48の山口真帆が、昨年12月8日に男性(ファン)2名が自宅の玄関先に押しかけ、顔をつかまれるなどの暴行を受けたという。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010001-wordleaf-ent

ニュースによると、NGT48山口真帆さんが、自宅にて2人組の男に襲われ、口を塞がれるなどの暴行を受け、命の危険を感じたようです。

一方で、2人組の男は、逮捕されましたが不起訴釈放となり、新潟県警の対応に波紋が広がっています。

犯人は山口真帆の自宅の場所を知っている状況で、野放しにされています。

今も山口真帆さんは怖い思いをしながら生活をするか、引っ越すかの選択に、悩まされている事でしょう。


スポンサーリンク

新潟県警の処分理由は?

新潟県警は、犯人の男2人を不起訴釈放しましたが、その処分の理由に関しては明らかにしていません。男2人は暴行容疑を否定していて証拠が不十分なこと、NGT48山口真帆さんに怪我がなかったことから事件性が無いと判断してこのような処分になったと推測されます。しかし、男2人が野放しになっている状況での山口真帆さんの恐怖は計り知れません。芸能活動にも影響が出る可能性もあります。男2人が山口真帆さんに過大な悪影響を与えていることは確実なのに、何故それが犯罪にならないのか、法治国家としてのあり方に疑問を抱かざるを得ません。

まとめ

「NGT48山口真帆が暴漢に襲われるも犯人不起訴釈放!新潟県警の処分理由は?」と題して記事をまとめてみました。

昨年の流行語大賞候補にMe,tooというものがありました。

女性ジャーナリストが同職先輩から暴行を受けたのに逮捕直前に忖度不起訴になった事がきっかけです。

結局ストーカーにせよ、なんにせよ、実際に事件が起こらない限り警察は動かない、一方で犯罪の危険性がほぼ無いような国政政党を公安監視の対象にし続ける、

そんな本末転倒な警察の対応のあり方は今後改善していく必要があるのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク スポンサーリンク