根本大蓮の身長は?松山聖陵ピッチャーとしての球速球種や防御率は?打撃は?

第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)が平成31年3月23日に開幕ます。

トータル32高校が出場しますが、愛媛県からは松山聖陵の出場が決まっています。

松山聖陵は、オバマ前大統領のモノマネや、恐妻家としてブレイクしたお笑い芸人デンジャラスノッチさんの出身校でもあります。

愛媛県松山市ある私立高校で、昨年初の春の甲子園出場を果たし、今年も2年連続で出場が決まりました。

そんな松山聖陵の野球部の中でも、とくに注目すべき選手となりそうなのが、主に9番で、エース(ピッチャー)を務める根本大蓮君です。根本大蓮君は、2001年5月17日生まれ。4月で3年生になります。

根本大蓮君の特徴といえば何より相手選手を圧倒する高身長ですが、そのピッチングの技術も見逃されてはいけません。

本ページでは、春の甲子園でのキーマンとなりそうなピッチャー根本大蓮君について、

身長のほか、防御率、守備力投手力や走力のほか、打線の方の力や、そのほかプロフィールを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

根本大蓮君の身長は?

根本大蓮君がテレビに登場したら、真っ先にきになるのがその体格だと思います。

殆どの視聴者も、相手打者も、その大きさに圧倒されることと思います。

根本大蓮君は、身長188cm、体重89kgです。

それでも高校3年生の平均身長171cmです。

高校球児としてもその身長の高さは全国でもトップレベルであることは間違いありません。

身長も高く、体つきも割とがっしりとしていますね。

その大きな体から投げ下ろされる投球に、相手打者は相当な威圧感とプレッシャーを感じることと思います。


スポンサーリンク

根本大蓮(松山聖陵9番ピッチャー)の球速球種や防御率は?打つ方は?

松山星稜のキーマンと言われている根本大蓮君のですが、どれほどの野球の実力を持っているのでしょうか。

打率や、防御率、守備力、走力などを調べてみました。

根本大蓮君は、8試合に出場、8打席で3安打で、打率は.375です。

打順は9番がメインで、打席数が少ないのではっきりとはいえませんが、打つ方の実力もそこそこよようです。

ただやはりその打力以上に凄いのが投手力です。

根本大蓮君は、7試合25回を投げ抜き、防御率は4.62です。

根本大蓮君は、性格が優しく温厚なため、それが少し裏目に出てピッチングが弱気になっちゃうところがあったようですが、下半身強化や、メンタル面の修復を積み重ねて、今春大会ではキーマンと言える立ち位置まで成長しました。

根本大蓮君は、ストレートの球速が136km/hです。

手元で伸びる打球によって相手打者の打球を詰まらせることができます。

球種としては、ストレートのほか、スライダー、チェンジアップ、フォークといったキレのある変化球で相手打線を翻弄させています。

走力に関しては50m走が7秒2です。

高校3年生男子の平均レベルですので、高校球児としてはもう少し走力が欲しいところです。

根本大蓮のプロフィール&まとめ

根本大蓮君ののプライベートも気になるところです。

得意教科は生物で、苦手教科は日本史のようです。

日本史は覚えることが多くて大変ですね。

私もとくに江戸時代以前の歴史はとても苦手でひどい点を取ったことがあります。

オムライスが好きで、うずらのたまごが苦手のようですね。

オムライスが行けるので鶏卵はOKとのことでしょうか。

うずらでオムライスを作って克服して欲しいですね。

女優の石原さとみさんのファンだそうです。

若者に人気がありますね。

「根本大蓮の身長は?松山聖陵ピッチャーとしての球速球種や防御率は?打撃は?」と題して、松山聖陵野球部根本大蓮君についてまとめてみました。

  • 第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)が平成31年3月23日から開幕
  • 松山聖陵野球部中でも、とくに注目すべき選手となりそうなのが、9番でピッチャーの根本大蓮君
  • 根本大蓮君は、身長がなんと188cm、体重が89kg
  • 根本大蓮君は防御率は4.62で、ストレート、スライダー、チェンジアップ、フォークといった、変化球を巧みに使いこな
  • 球速は136km/hの、手元で伸びるストレートが持ち味。
  • 50m走は7.2秒

松山聖陵は、高身長の根本大蓮君に間違いなく注目が集まりそうです。

どこまで勝ち進めるかも注目していきたいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク