桃岩荘ユースホステルの東京大会の昼の部と夜の部の内容や持ち物などは?

2018年10月20日に、桃岩荘ユースホステルの東京大会が開催されます。

11月10日に開催される京都大会は、こちらで紹介しています。

桃岩荘ユースホステルは、北海道の礼文島にあるユースホステルで、歌って踊れるにぎやかな宿です。

メディアでも度々話題に!伝説の宿桃岩荘ユースホステル&愛とロマンの8時間コース

上記記事で、桃岩荘ユースホステルの概要や、愛とロマンの8時間コースについて紹介しました。

その桃岩荘ユースホステルの営業期間は毎年6月1日~9月31日の4か月間、今年もあと1週間で冬季休業に入り、営業再開は来年の6月1日です。

桃岩荘ユースホステルが冬季休業の間、その宿のスタッフたちが主催でイベントが行われます。

その1つが東京大会です。そんな桃岩荘ユースホステルの東京大会では何をするのか、持ち物や予約の必要性についても紹介します。

東京大会は、昼の部と夜の部の2部制になっています。

スポンサーリンク

桃岩荘ユースホステル東京大会昼の部の内容など

アクセスは?

桃岩荘ユースホステル東京大会昼の部は、明治神宮横の代々木公園中央広場で開催されます。

JR山手線の原宿駅から徒歩圏内にありますが、広い公園なので初めての方は公園内のどこでやっているのかわかりにくいかもしれません。

しかし安心してください。JR原宿駅の表参道口に、桃岩荘ユースホステルの旗を持ったスタッフがいます。

12:30集合、13::00大会開始です。

そこにいれば、ある程度人数がたまったところでイベントの場所まで案内してくれます。

内容は?

桃岩荘ユースホステル東京大会昼の部は、2時間弱のイベントですが、内容は盛りだくさんです。

  • 歌のコーナー

桃岩荘ユースホステルで歌われている歌を何曲か歌います。歌は60~90年代にヒットしたポップスやフォークのほか、桃岩荘でオリジナルで作られた「今年の歌」も登場します。

  • じゃんけん大会

大会のスタッフとじゃんけんをして、勝ち残った数名には賞品がもらえます。

商品は数も種類も複数ありますますので、参加者全員に複数回チャンスがあります。

桃岩荘の営業期間に張り出されていたイベントなどの告知といった、正直若干もらっても困るものや、部屋に飾ると家が礼文島のような雰囲気になるポスターなどがあったりします。景品は毎回変わりますので、今年何が出るかはいってのお楽しみです。

そんな中でも、毎年あって一番の大当たりと言われているのが「桃岩荘ユースホステル唄いまくりCD」です。

大体参加者の中から5~6人に当たります。

桃岩荘ユースホステルのミーティングで歌っているときに実際に収録されたものです。家でCDをかければ家が桃岩荘になります。

また、桃岩荘にあまり行ったことない人は、このCDを聞けば桃岩荘で歌われている歌がすぐ覚えられます。

このCDはどこにも売っておらず、桃岩荘関連のイベントの景品としてしか手に入れることができない大変貴重なものです。

  • 踊りのコーナー

桃岩荘のミーティングで毎日踊っている踊り「フルコース」をみんなで踊ります。

踊りは2部構成になっていて、それぞれが少し懐かしいアニメソングや童謡のメドレーになっています。

(例:ゲゲゲの鬼太郎、サザエさん、月光仮面など)

踊りは大体歌詞にそった動きになっていて分かりやすいですが、正確に覚えている必要はまったくありません。周りを見ながら見よう見まねで体を動かしていれば楽しくなります。

楽しければよいのです。

参加費や予約について

昼の部参加費は無料です。予約もいりません。

当日て手ぶらでいきなり表れてOKです。

雨天の時はどうなる?

残念ながら当日雨天の場合は中止になります。

中止の場合は公式サイトで発表されます。

桃岩ユースホステル東京大会は、小さなお子様からお年寄りまで幅広い世代の方が参加します。

運営されている方たちは、参加者の体調を最大限の考慮しているので、それほど強くない雨でも中止になることが多いです。

中止の発表の時間は様々です。あからさまに大雨が予想されている場合は早い段階で決まることもありますし、微妙な場合はぎりぎりまで判断されないことがありますので、公式サイトを注視してください。

後述する夜の部は屋内でのイベントなので天気は関係ありません。


スポンサーリンク

桃岩荘ユースホステル東京大会夜の部の内容など

アクセスは?

集合場所は、17時に渋谷マークシティとなっています。↓

開催場所は、Dr.Jeekahn’sビル5Fです。↓1

18時開始です。

集合場所に行っても開催場所まで案内してくれるし、直接開催場所に行っても大丈夫です。

遅れる場合は直接開催場所まで行くことになります。

内容は?

夜の部の内容は、ひたすら3時間「歌いまくり」です。

昼の部でも数曲歌いますが、夜の部は3時間ぶっ通しで歌います(途中に2回ほど休憩はありますが)

歌う歌は、桃岩層で歌われている「今年の歌」や、60~90年代のフォークやポップスが中心です。

よく歌われている歌を紹介します。

  • 落陽/吉田拓郎
  • 夕暮れ/THE BLUE HEARTS
  • 幻恋歌(メッセージ)/桃岩荘ユースホステルオリジナル、1982年今年の歌
  • この風が届くように/桃岩荘ユースホステルオリジナル、2001年女性ヘルパーの歌
  • 君と同じ空の下/桃岩荘ユースホステルオリジナル、2004年今年の歌
  • ありがとう/桃岩荘ユースホステルオリジナル、2005年今年の歌
  • また会えるように/桃岩荘ユースホステルオリジナル、2007年今年の歌
  • 遠い世界に/五つの赤い風船

3時間なのでトータル30曲くらい歌います。もし知り合いに桃岩荘ユースホステルの常連さんがいたら、上記の曲がどんな曲なのか聞いて予習してみるとより楽しめると思います。

夜の部は食事も出ます。スバゲッティやから揚げなど、満腹になれるものが出ますが、早く取らないとなくなる可能性もあるので注意しましょう。

ドリンクも出ますので、各自で注ぐ形式となっています。

参加費や予約について

夜の部は4500円の参加費が必要です。(場所代、飲食代として)

ただし参加に関して予約は一切要りませんの、当日アポなしで登場して大丈夫です。

桃岩荘ユースホステル東京大会の持ち物は?

桃岩荘ユースホステル東京大会には、夜の部の参加費と「楽しむ心」以外、必ず必要なものはありません。

ただし、あると便利なものあるのでいくつか紹介します。

  • レジャーシート(昼の部)

昼の部は立ちっぱなしで行われますので、ちょっと疲れたときなどにレジャーシートがあると便利です。

ただし夜の部はスペースが限られているので、レジャーシートを広げることはできないと思います。

  • 飲み物

夜の部はドリンクが出ますが、昼の部は飲み物は各時持参してください。

10月の東京で、晴れている中で体を動かすと結構暑いので持っていた方が安心です。

  • カメラ

大会の楽しい様子を撮影するためにカメラは必ず持っていかれるといい思います。

ただし夜の部は会場内の人口密度が非常に高くなりますので、自撮り棒などで他の人に迷惑が掛からないように注意してください。

  • 歌集

過去の大会や桃岩荘ユースホステルの現地で歌集を調達できた人は、歌集があると便利です。東京大会で歌われる歌はその歌集の中から選ばれています。

昨年までは今年初めて桃岩荘ユースホステルに泊まった方限定で、昼の部で歌集が支給されいましたが、今年はどうかは責任は持てません。

まとめ

「桃岩荘ユースホステルの東京大会の昼の部と夜の部の内容や持ち物などは?」という内容で記事を作成しました。

  • 桃岩荘ユースホステル東京大会が、10月20日に開催される
  • 場所は昼の部が代々木公園中央広場、夜の部がDr.Jeekahn’sビル5Fで、それぞれ13時、18時のスタート
  • 昼の部は歌、踊り、じゃんけん大会など盛りだくさんの内容
  • 夜の部はひたすら歌いまくりで、食事やドリンクも出る
  • 雨天の場合は昼の部は中止となり、公式サイトで発表される
  • 夜の部のみ4500円の参加費が必要
  • 予約は一切不要
  • 特に必要場持ち物はないが、飲み物、レジャーシート、カメラ、歌集などがあると便利

桃岩荘ユースホステルに宿泊された方は、この東京大会で現地であった人と再会できることがあります。

また思い出話に花を咲かせながら、宿での雰囲気を本州で味わいましょう!

スポンサーリンク スポンサーリンク