丸佳浩がFA宣言で巨人移籍決断!今シーズンの打率や成績は?ジャイアンツを救えるか?

広島東洋カープの、丸佳浩選手が、FA宣言で読売ジャイアンツへの移籍決断をしたというニュースが入ってきました。

丸佳浩選手は、四月に怪我のために登録を抹消され、連続試合出場記録は途絶えましたが、約一ヶ月で復帰。

広島東洋カープで輝かしい成績を残し、チームの3連覇に大きく貢献しました。

また、2年連続でセリーグの最優秀選手(MVP)にも選ばれています。

一方で丸佳浩選手が移籍決断した読売ジャイアンツ(巨人)は、ここのところ低迷が続いており、2018年のシーズンは負け越しで終わりました。

かろうじて順位は3位となり、クライマックスシリーズには出場できましたが、やはり広島東洋カープには全く歯が立たず、日本シリーズ出場とはなりませんでした。

本項では、巨人移籍決断した丸佳浩選手の2018年シーズンの成績や、丸佳浩選手が2019年に、低迷する巨人を救えるか、などについて考えてまとめてみました。

スポンサーリンク

丸佳浩選手FA宣言で巨人移籍決断!

丸佳浩選手が、FA宣言で巨人移籍決断したニュースについて、yahoo!ニュースでは以下のように報じられています。

広島から国内フリーエージェント(FA)権を行使した丸佳浩外野手(29)が巨人に移籍する意思を固めたことが29日、分かった。2年連続セ・リーグMVPに輝くFA市場最大の目玉。最後まで広島愛とのはざまで揺れ動いたが、最も高い評価で誠意を示した新天地への挑戦に、第二の野球人生を懸ける決断を下した。30日に正式表明する。

引用 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6305051

丸佳浩選手が巨人への移籍決断をした事について、広島東洋カープとしては主力選手を失って痛手と思われていますが、逆に低迷している読売ジャイアンツでは、2019年にのチーム立て直しに貢献できるのではと期待されています。

高橋由伸監督が引責辞任!後任監督は誰か予想してみた

上記記事でも紹介したように、巨人は高橋由伸監督が引責辞任し、監督が交代することが決まっています。

そして、記事では予想でしたが、原辰徳監督の就任が確定しています。

新選手、新監督でチームを立て直せるのでしょうか?


スポンサーリンク

丸佳浩選手の2018年の成績は?

まず、広島東洋カープ内での丸佳浩選手の2018年の成績をまとめてみたいとおもいます。

丸佳浩選手は、1989年4月11日生まれの29歳。

千葉経済大学付属高校を卒業し、2007年にプロ入りしています。

2018年は、広島東洋カープで活躍し、125試合に出場、打率は.306、出塁率は驚異の.468で、ホームランも39本放ち、97打点の輝かしい成績を残しています。

広島東洋カープの主力選手として、チームの3連覇に大きく貢献しました。

低迷する巨人を立て直せるか?

さて、丸佳浩選手の移籍決断した読売ジャイアンツは、先にも述べたようにここ数年低迷していますが、丸佳弘浩選手の入団によって立て直すことはできるのでしょうか。

私の予想では、丸佳浩選手1人の力だけではないものの、2019年の読売ジャイアンツは期待できるのではないでしょうか。

巨人は、菅野選手以外に絶対的エースがいなかったことも低迷の理由の1つでしたが、10月のドラフトで八戸学院大から高橋優貴投手を獲得しています。

原辰徳監督はかつて巨人に就任していた頃は過半数のシーズンでリーグ制覇を果たしています。

そして、セリーグ全体を見ても代表的な選手とも言える丸佳浩選手の移籍が決定しました。

2019年の読売ジャイアンツはここ数年とは一味違うのではないでしょうか。

希望的観測ではありますが、来年こそは打倒カープ、打倒パリーグを期待したいところですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク