黒木華は悩みを乗り越えて主演女優に!出演ドラマ映画や無料動画は?

俳優の黒木華さんは、かつて自身の顔のことで悩みを抱えていましたが、それを乗り越えて今では映画やテレビドラマなど幅広く活躍しています。

黒木華さんは1990年3月14日生まれの28歳。

まだまだ若い、将来の可能性が相当ある女優さんです。

高校の時は追手門学院高等学校の演劇部に所属し、1ねんから主役を演じるほどの才能を見せ、その後は京都造形芸術大学で演技を学びました。

スポンサーリンク

黒木華が乗り越えた悩みとは?

高校時代から他に類を見ない縁起の才能を持っていた黒木華さんですが、やはり大学時代のは他の先輩と自分を比べて悩みを抱えていたようです。

その悩みについて、ヤフーニュースでは以下のように報じられています。

学時代には女優を目指し、映画学科の俳優コースに籍を置いていたが「ほかの子たちは先輩たちから映画の撮影に呼ばれるのに自分は呼ばれることはなくて、『映画向きの顔じゃないのかな』と悩むこともあった」という。

引用 yahoo news https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000002-flix-movi

黒木華さんは、スタイルもよく美人ですが、確かにAKB48のメンバーのような派手さはなく、その点で映画のオファーがなくて悩みを抱えていたようです。

しかし、そんな悩みを乗り越えさせてくれたのが、舞台の演技だったと語っています。

女優になる夢を諦めなかったのは「舞台があったから」だという。

 20歳の時に劇作家・野田秀樹のワークショップに参加し、転機を迎えることとなった。「実は人見知りで、人前に出るのも苦手なんです。でも舞台では、台詞が決まっているので緊張せずにスッと言葉が出てくる。お芝居が好きな人たちが集まる場所なので居心地が良かったですし、何より観劇された方から面白かったと言っていただけることがうれしく、お芝居を続けたいと考えるようになりました」

引用 yahoo news https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000002-flix-movi

演技にに対して悩みを抱えていた黒木華さんですが、それを支えたのも演技だったようですね。

芝居を続けたいと思い続けたその気持ちが、今日のビッグな黒木華さんにつながったということができます。


スポンサーリンク

黒木華の出演ドラマは?

悩みを抱えつつも芝居を続けた黒木華さん、今はどのようなドラマに出演しているのでしょうか。

ドラマとして有名なのは、「みをつくし料理帖」です。

ここでは、黒木華さんはなんと主人公の澪を演じています。

DVD購入はこちらから→【送料無料】みをつくし料理帖 DVD-BOX 【DVD】

江戸時代に生きる音案の子が、料理人として店を成長させていく話でドラマ終了後は、ドラマで出てきた料理のレシピも紹介されています。

黒木華の出演映画は?無料で動画見る方法も!

黒木華さんの出演映画もたくさんありますが、代表的なものに「リップヴァンウィンクルの花嫁」があります。

ブルーレイ購入はこちらから→黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より [ 菊池修 ]

この映画では、黒木華さんは主人公の皆川七海を演じています。

この映画の動画を、無料で見る方法があります。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

↑上記リンクから、U-NEXTに登録していただき、登録後「黒木華」で検索すれば、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の動画が出てきます。

登録中は動画見放題です。

31日以内に解約すれば、お金は一切かかりません。

サービスが気に入れば、31日後も登録したままにしておくと、課金されます。

まとめ

女優の黒木華さんは、悩みを乗り越えて、映画やドラマで主演を務めるほどのビッグな女優になりました。

  • 黒木華さんは「映画向けの顔じゃないのかな」と学生時代悩みを抱えていた
  • その悩みを打ち消してくれたのは舞台演技の存在で、芝居をつづけることができた
  • 今は、時代劇「みをつくし料理帖」で主役を務めるほど
  • 映画でも、「リップヴァンウィンクルの花嫁」で主演を務めた。
  • 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」は無料で動画を見ることもできる

まだまだ28歳の若い女優さんです。

アイドルみたいな派手さがない分、年齢を重ねても長い間芝居ができると思います。

今後もさらに女優として活躍していったほしいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク