クエが148センチ!その金銭的価値は?幻の高級魚の通販やおすすめの店は?

幻の高級魚と言われ、コラーゲンたっぷりの和歌山県名物の白身魚「クエ」の、なんと全長148センチ、体重40キロという巨大なものが釣り上げられたというニュースが発表されました。

釣り上げたのは釣り船「黒龍丸」の船長今村善代人さんが案内した観光客佐野正幸さんとのことで、プロの漁師でもなかなか釣り上げられない大きさに、他のライバルの釣り客たちも祝福の声をかけたようです。

148センチもの巨大なサイズが釣り上げられたというクエ、コラーゲンがたっぷりの超高級魚。

名物のクエ鍋は、1人前で1万円程度が相場で、安くはないですが一度食べると忘れられない味になります。

クエはこれから冬にかけて市場に出回りますが、通販での取り寄せやオススメの店についても調べてみました。

スポンサーリンク

クエが148センチという衝撃のニュースについて!その金銭的価値は

そんな幻の高級魚であるクエが、148センチという巨大サイズで釣り上げられたという話は、ヤフーニュースで以下のように報じられています。

和歌山県すさみ町見老津沖で11日、全長148センチ、重さ40・4キロの大物クエが釣り上げられた。案内した釣り船「黒龍丸」の船長、今村喜代人さん(67)は「40キロを超えるクエは国内でもそうない。それをレジャーで釣ったのだからすごい」と話し、周辺の釣り船業者も驚いている。

 釣り上げたのは大阪市大正区の塗装業、佐野正幸さん(57)。黒龍丸に乗船し、見老津漁港を同日午前6時すぎに出港した。

 地元の料理店によると、鍋料理なら100人分以上になるという。佐野さんは「釣り仲間や親戚、近所の人を招いて、刺し身や鍋料理を振る舞いたい。解体ショーもしたい」と楽しみにする。

引用 yahoo news https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00361305-agara-l30

プロの漁師でなく、釣りのレジャー客が釣り上げたというのだからすごいですね。

この方が釣り上げたクエは値段に換算するとどれくらいになるのでしょうか。

天然のクエは1kg1万円相当と言います。ですので、クエをそのまま売れば、おそらく40万円程度、サラリーマンのボーナス並みの金額を、1日の娯楽で稼いじゃったわけですね。

実際料理店では、調理の人件費や店の儲け分もあるので、この釣り上げられた量に相当するクエを飲食店で食べようとすれば100万円は下らないでしょう。

実際クエ鍋100人前に相当する量と報じられていて、クエ鍋の1人前の相場は1万円ですからそんなもんです。


スポンサーリンク

幻の高級魚クエのおすすめの料理店は?

高級魚クエを食べられるオススメのお店を紹介します。

和歌山県の観光地として人気なのが白浜。

ここにはアドベンチャーワールドや白浜エネルギーランドといったレジャー施設、円月島や三段壁、千畳敷といった景勝地もたくさんあり、温泉もあって全国的に人気の観光地ですが、ここにもクエを食べられる店がいくつかあります。

その中でお勧めしたいのが「珊瑚礁」というお店です。

円月島の近くにある料理屋さんで、クエ以外にも伊勢海老など高級で新鮮な海の幸が堪能できます。

非常に混雑するので予約がおススメです。

新鮮なクエは、白身だけでなく、基本骨以外はすべて食べられます。

唇や目玉などはとくにコラーゲンが多く、味も抜群です。

クエ以外にも伊勢海老などの新鮮な魚介類があってお勧めです。

伊勢海老は、身を食べた後に空などからだしを取ってみそ汁にもしてもらうことができます。

珊瑚礁は、白浜駅からバスで13分、「円月島」で下車してすぐのところにあります。

幻の高級魚クエの通販は?

なかなか和歌山まで出向くのが難しいという方は、通販でクエを買うこともできます。

購入はこちらから→【送料無料】本場紀州の最高級天然クエ鍋セット1.0kg【和歌山県産】【クエ】【くえ】【九絵】

4~5人前のクエ鍋セットを27500円で取り寄せられます。

クエ料理としては結構リーズナブルです。

お正月などのパーティーで取り寄せれば、喜ばれること間違いないでしょう。

安くは食べられないですが、たまには贅沢してクエを食べて、プルプルのお肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク