米子東vs.札幌大谷(春の甲子園2019)見どころや途中経過は?動画情報も!

2019年3月23日に、第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)が開幕します。

大会2日目の第3試合は、鳥取県の米子東と北海道の札幌大谷が激突します。

米子東は鳥取県米子市にある県立高校で、春の甲子園出場は23年ぶり9回目です。

対する札幌大谷は、北海道札幌市にある私立高校で、春の甲子園出場は初めてです。

本ページでは、第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)の大会2日目第3試合の、米子東vs.札幌大谷の試合について、見どころや途中経過などをお送りしていきます。

スポンサーリンク

米子東vs.札幌大谷の試合の見どころは?

森下祐樹(県立米子東高校ピッチャー)の球速球種や防御率は?身長は?

石鳥亮(札幌大谷5番センター)の打率や守備力走力は?身長は?

本サイトでは、上記事で米子東、札幌大谷の注目選手について紹介しています。

米子東では投手を、札幌大谷では打者をキーマンとして挙げていますが、両チームとも投打のバランスの高いチームで、打力守備力とも前評判の実力派拮抗しています。

森下祐樹君母の手作りハンバーグが好物という、お母さん思いの好青年で、顔つきもかわいらしい感じですが、マウンドに立てば監督からも絶大な信頼を寄せられる、相手チームが恐れる絶対的エースです。

そんな森下君を、ホームランや長打力もある、大きな体つきの石鳥亮君が打ち崩せるかどうかが、この試合の勝敗を左右すると思われます。

前評判としての総合力は両チームとも拮抗しています。

その点で、出場経験の多い米子東が有利かもしれませんが、元気や機動力、体力も試合のカギを握ることとなってくるでしょう。


スポンサーリンク

米子東vs.札幌大谷の途中経過は?

大会2日目第3試合の米子東vs.札幌大谷の途中経過をお送りします。

情報が入り次第随時更新していきます。

米子東 1-4札幌大谷(試合終了)

  • 1回裏

北本壮一朗が先頭打者ホームランで先制 0-1

  • 3回表

森下祐樹1アウト2.3塁からショートゴロの際にランナーが返り 1-1

  • 4回表

飯田柊哉1アウト1.3塁からサードごろの際ランナーが返り1-2

さらに石鳥亮がタイムリー3ベースで加点 1-3

さらに西原健太がタイムリーで追加点 1-4

まとめ&動画情報

「米子東vs.札幌大谷(春の甲子園2019)見どころや途中経過は?動画情報も!」

と題して、第91回センバツ高校野球大会(春の甲子園)の大会2日目第3試合で行われた日章学園vs.習志野の試合についてまとめてみました。

4回で1-4となり、そのあとは点数が全く動きませんでした。

両チームともピッチャーの実力が生えましたが、米子東はチャンスがなかなか回ってこずに2点目を挙げることができませんでした。

なお、この試合の動画は、「バーチャル甲子園」というアプリをダウンロードすることで、お持ちのスマートフォンで見ることができます。

こちらのサイトからダウンロードして視聴することができます。

外出でテレビを見られないけど実況中継を見たい方、もしくは見逃してしまったので後で見たい、という方に便利です。

この試合の勝者は、2回戦で明豊と横浜の勝者と対決することになります。

回戦が進むほど間違いなく試合は厳しくなり、盛り上がってくると思います。

その試合の動向にも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク