2018年夏の甲子園、興南の2年生エース宮城大弥君の中学時代や体格は?

8月5日に開幕予定の2018年の夏の高校野球大会。

2日前に代表校56校が確定しましたが、沖縄県の代表は、県内最多出場の興南に決まりました。

甲子園の沖縄県代表チームは、長らく低迷していましたが、終戦から65年後の2010年に、夏の大会で優勝し、「沖縄の戦後が終わった」とよく言われました。

夏の大会では2010年が唯一ですが、その時優勝したのも興南高校です。

そんな興南を引っ張るのが2年生エースの宮城大弥君。去年は1年生で甲子園夏の大会を経験済みです。

沖縄の地区大会の決勝戦で選抜し、チームを甲子園代表校確定に大貢献しました。

スポンサーリンク

沖縄興南高校、2018年夏の甲子園出場決定

興南高校は、沖縄県那覇市古市にある高等学校です。

那覇市の中心部の、交通が便利な場所にあります。

周辺の観光地としてはゆおれーるで2駅言った牧氏公設市場が有名です。

ここでは、1階で買った魚介類を、2回のレストランで調理してくれて食べることができます。

そんな海の幸豊富な沖縄県の興南高校、夏の甲子園出演回数は沖縄県最多の11回です。

夏の甲子園沖縄県勢は、沖縄が1972年に日本に復帰した後、低迷した状態が続いていましたが、2010年にこの興南高校が沖縄県勢として初優勝しました。

2010年優勝の後は、1回戦敗退~ベスト8くらいをさまよっていましたが、今年の沖縄県勢は有償大本命ともいわれています。

そんな沖縄県興南高校をけん引するのが、2年生エースの宮城大弥君です。


スポンサーリンク

興南宮城大弥君の活躍

沖縄県代表の注目選手、宮城大弥君は、沖縄県の地区予選決勝で2年生ながら先発で登板。

対戦相手糸満高校を2安打に抑え、打者27人で抑えるという、ほぼほぼ完ぺきなピッチングをしました。

打線も14安打で5得点。宮城大弥君の完ぺきなピッチングをきっちりと援護しました。

宮城大弥君の出身中学校は?中学時代の活躍は?

宮城大弥君は、宜野湾市の嘉数中学校出身です。

その野球の才能で、中学校の時から幅広く活躍しており、宜野湾ポニーズというチームに所属しながらWBSCU-15ワールドカップという、その年代の侍ジャパンに中学時代に選出されるなど、人並み外れた才能を発揮しています。

宮城大弥君体格は?

宮城大弥君は、身長は173cm、体重は70kg。

体格については、今後トレーニングを重ねればまだまだ伸びしろがあるようです。

その体格から、最速で142km/hの球速を記録しています。

まとめ

「2018年夏の甲子園、興南の2年生エース宮城大弥君の中学時代や体格は?」という内容で記事を書いてみました。

  • 2018年夏の甲子園の沖縄県代表校は興南高校。優勝大本命の高校の1つ
  • 注目選手は2年生エースの宮城大弥君。
  • 宮城大弥君は、地区予選決勝戦で選抜し、5-0で完封勝ち。ほぼ完ぺきなピッチングをした
  • 宮城大弥君は、宜野湾市の嘉数中学校出身で、宜野湾ポニーズというチームに所属しながらその年代の侍ジャパンに中学時代に選出された。
  • 体格は身長は173cm、体重は70kg。で、まだまだ伸びしろがある。

宮城大弥君らの活躍により、沖縄県の高校野球史にまた偉大な1ページを飾れるといいですね。

沖縄県興南高校の甲子園での健闘を祈ります。

関連記事、他府県代表校の注目選手について

京都府代表 龍谷大平安 松本渉君

北北海道代表 旭川大高 沼田翔平君

青森県代表 八戸学院光星 福山優希君

北大阪代表 大阪桐蔭 根尾昴君

山形県代表 羽黒高 佐藤幸弥君

石川県代表 星稜 奥川恭伸君

富山県代表 高岡商 筏秀生君

和歌山県代表 智辯和歌山 林晃汰君

南大阪代表 近大付 大石晨慈君

岐阜県代表 大垣日大 修業恵大君

北埼玉代表 花咲徳栄 野村佑希君

千葉県代表 木更津総合 野尻幸輝君

福島県代表 聖光学院 矢吹栄希君

山口県代表 下関国際 鶴田克樹君

 

スポンサーリンク スポンサーリンク