2018年夏の甲子園,龍谷大平安サヨナラ勝ち!春夏通算通算100勝で原田英彦監督涙。松本渉君も1得点

2018年夏の甲子園大会、2回戦進出組が出そろってきています。

こちらの記事で紹介した松本渉君ら所属の龍谷大学平安高校が、鳥取県代表の城北高校をサヨナラ勝ちで3-2で下し、甲子園春夏通算100勝を達成しました。

龍谷大平安は2回戦進出を決めました。

松本渉君の先制打、ピッチャー小寺智也君の追加得点のあと、同点に追いつかれますが、最終回に2番安井君のヒットでサヨナラ勝ちをきめました。

予選では常にワンサイドゲームで、慣れない接戦と100勝への重圧に耐え、何とか勝利をつかむことができました。

龍谷大平安原田英彦監督は、常に厳しい表情の監督というイメージがありましたが、試合終了後は選手たちの頑張りをたたえ涙を流していた姿も印象的でした。

スポンサーリンク

鳥取城北ー龍谷大平安 試合概要

立ち上がりに流れをつかんだのは龍谷大平安でした。

龍谷大平安エースの小寺智也君は、初回に先頭打者にヒットを打たれますが、打者の盗塁を阻止した後は3人で打ち取ります。

1回の裏、龍谷大平安は、1番水谷君が先頭でヒットを打ち、2番安井君が送りバントを決めた後、注目選手の3番松本渉君が、持ち前の50m5秒台の俊足を生かして3塁打、1点を先制します。1-0

先発の小寺智也君は切れのあるスライダーが見事に決まり、4回までを打者12人で抑える好投を見せます

その小寺君は打つ方でも活躍、4回裏に、7番佐野君がツーアウトからヒットを打ち、さらに相手守備のミスでで2塁に進むと、8番のピッチャー小寺君がタイムリーヒットで追加点,2-0としました。

4回までは完全に龍谷大平安の流れでしたが、前半不安定だった鳥取城北の投手難波君が徐々に調子を上げ、龍谷大平安はなかなかダメ押しの追加得点が得られません。

逆に立ち上がり絶好調の龍谷大平安エースの小寺君が、持ち前のスライダーが浮はじめ、8回表に捕まります。

城北の9番山下君が、センター前タイムリーヒットで1点を返すと、さらに1番吉田君がヒットを放ち同点に、守備のミスで結果3塁打になったトロで投手交代になります。ここで2-2の同点。

そのあと背番号10の北村智紀君が高リリーフを見せ、1アウト1-3塁のピンチを切りぬけ、なんとか逆転は許しませんでした。

9回裏龍谷大平安高校は、8番9番が倒れ2アウトのあと、1番水谷君がフォアボールで出塁すると、盗塁を2度成功させ、3塁まで進みます。

そのあとバッターの2番安井君がカウント2-4からレフト戦にヒットを放ち、3塁ランナーが帰り試合終了

3-2で龍谷大平安が甲子園通算100勝を達成しました。


スポンサーリンク

「走り」がさえた試合。課題は4番の活躍か?

この試合、龍谷大平安がサヨナラを決めたヒットは、四球で1塁から盗塁+盗塁で3塁に進んで帰ったという形でした。

他にも単打から盗塁で得点圏にランナーを進めるシーンがあったり、松本渉君の3塁打を放つなど、走りがさえた試合でもありました。

みごと2回戦進出を決めた龍谷大平安ですが、課題は4番の活躍でしょうか。残念ながら4番の松田君はヒットがありませんでしたが、実際に実力のあるバッターですので、今後活躍できれば3回戦、4回戦と勝ち進んで言うこともできるでしょう。

厳しい原田英彦監督の涙も印象的

龍谷大平安の原田英彦監督は、序盤から厳しい表情で選手を見ているイメージでしたが、勝利を決めた後の涙が印象的でした。

先発の小寺君も良く投げてくれたし、中盤から足がつっていたようで、スライダーが浮き始めたため交代した北村君のリリーフも絶賛していました。

相手投手の難波君の粘りも絶賛していました。

とにかく第100回で100勝ということにこだわりがあり、現段階では2回戦のことはまだ考えられないと涙ながらに語っていました。

2回戦以降の龍谷大平安の試合も注目していきたいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク