2018年夏の甲子園 花咲徳栄エースの野村佑希君の球速やホームラン数は?

2018年の夏の甲子園,北埼玉は、花咲徳栄高校が進出を決めました。

この花崎徳栄は、なんといっても2017年の夏の甲子園の優勝校でした。

去年の力は健在で、今年も優勝候補の一角にいることは間違いありません。

この超強豪校の花咲徳栄高校のチームをけん引するのがプロも注目の4番でエースの野村佑希君です。

1年から4番を務め、チームを引っ張り、2年生だった去年は見事チームの全国制覇に大変貢献しました。

そんな甲子園全体の中でも今年の顔ともいえる野村佑希君の投手力(防御率や球速、球種など)、打撃力(ホームラン数や打率など)についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

花咲徳栄高校野球部について


花咲徳栄高校は、埼玉県加須市にある私立高校です。

その野球部は甲子園の常連であり、出場回数は2018年で6回目。

出場回数は県内では浦和学園に次いで2番目に多くなっています。

さらに2015年から4年連続で出場を決めています。

去年の全国制覇、おととしは3回戦で敗れましたが、その前はベスト8までコマを進めている超強豪校です。

投打のバランスのかみ合ったチームで、予選では6試合のうち4試合をコールド勝ちで決めています。

そんな花咲徳栄で4番でエースを務めるのが3年生の野村佑希君です。


スポンサーリンク

野村佑希君のホームラン数、打率は?

野村佑希君のバッターとしての才能ですが、1年生から4番を打つなど、プロも注目するほどの実力です。

高校に入ってから通算56本ものホームランを放っています。

高校野球はプロと比べるとホームランを打つ力は少ないイメージですが、野村佑希君は1年生の頃からプロ顔負けのホームランを量産しているんですね。

予選大会では、ホームランは出ず、打率も全体では2割8分6厘で、ちょっと調子が良くなかったのかなという漢字がします。

まあそれは打数が限られている中でたまたまだったと思いますし、大事なところでの適時打で、試合を決定づけるようなシーンもあり、問題なく役割を果たしていると言えます。

これほど怖いバッターですから、かつての松井秀喜選手みたいに、敬遠されまくりでブーイング、なんてこともあるかもしれません。

野村佑希君の投手としての球種、球速や防御率は?

野村佑希君は、今年の甲子園では数少ない4番のエースです。将来は大谷翔平選手のような二刀流になるかもしれません。

打つだけでなく、投げる方も大活躍をしています。

地区予選の成績は、5試合で31回を投げ、失点は4点。防御率を計算すると1.161。チーム全体の打撃力が相当優れているので、十二分に勝利できる成績ですね。

そんな好投手の得意な球種はストレートとスライダーです。

トレートは最速146km/hで、それに切れのあるスライダーを織り交ぜて相手打者を翻弄しています。

投球の切れは予選では試合を重ねるごとに上がってきており、最高の状態で甲子園に挑める状態と言えるでしょう。

まとめ

「2018年夏の甲子園 花咲徳栄エースの野村佑季君の球速やホームラン数は?」という内容で記事を書いてみました。

  • 2018年夏の甲子園、埼玉北の代表には去年の優勝校花咲徳栄の出場が決定
  • 花咲徳栄の注目は4番でエースの野村佑希君。
  • 野村佑希君は1年生から4番を務め、甲子園にも出場。高校通算56本塁打でプロも注目
  • 投げては146キロの速球と切れのあるスライダーで相手打者を翻弄。防御率は1.161。

今年の甲子園は、4番でピッチャーというのは比較的少ない感じがしますが、この花崎徳栄の二刀流、野村佑希君は、甲子園で大きく活躍することは間違いないと思います。

関連記事、他府県代表校の注目選手について

京都府代表 龍谷大平安 松本渉君

北北海道代表 旭川大高 沼田翔平君

青森県代表 八戸学院光星 福山優希君

北大阪代表 大阪桐蔭 根尾昴君

山形県代表 羽黒高 佐藤幸弥君

沖縄県代表 興南 宮城大弥君

石川県代表 星稜 奥川恭伸君

富山県代表 高岡商 筏秀生君

和歌山県代表 智辯和歌山 林晃汰君

南大阪代表 近大付 大石晨慈君

岐阜県代表 大垣日大 修業恵大君

千葉県代表 木更津総合 野尻幸輝君

福島県代表 聖光学院 矢吹栄希君

山口県代表 下関国際 鶴田克樹君

 

スポンサーリンク スポンサーリンク