川崎麻世・長男が怒りのブログ!父子の言い分の食い違いとは?

タレントのカイヤさんは、夫である川崎麻世さんから現在離婚訴訟を起こされている状況です。

川崎麻世さんは、自身のブログで、「話し合いや離婚調停で解決したかったが、相手が出席しなかったので裁判にした」と言い、出席しないカイヤさんに落ち度があるような雰囲気を漂わせていますが、自身を被害者のように語る川崎麻世さんに対し、川崎麻世・長男の至恩さんの怒りが爆発しました。

「嘘はやめて」「もう耐えられない」と訴えました。

川崎麻世・長男の至恩さんの主張する「川崎麻世さんの嘘」とはどんなものだったのでしょうか。

川崎麻世さん側にも言い分があるのかもしれないので、調べてみました。

スポンサーリンク

川崎麻世・長男の怒りの内容とは?

 

View this post on Instagram

 

川﨑麻世 Mayo Kawasakiさん(@mayokawasaki)がシェアした投稿

川崎麻世さんの長男、志恩さんが父に対して良かったことについて、yahoo newsでは以下のように報じられています。

さらに「彼は皆さんに初めから私達について全て嘘をついてきています。自分の利益自分のイメージだけのために。僕の母と彼は面白い生活で皆さんを笑顔にして楽しませてきました。現実ではなく、仕事として。そして今、彼がその全てを母に対して利用するのはあまりにも筋道が通らず不条理です。非人間的な決して許されない行動です」と訴え、「彼の自分勝手な生き方と自分の自由のために、母の事を悪者にして、皆さんの同情をかい、自分のしたいことがずっとできるようにしてきました。彼は(父、夫としてあるべき人間)事実から遠く離れた所で被害者を上手に演じています。残念ながら、僕の姉と僕を巻き込み、更なる嘘で固めています」とした。

引用 yahoo news https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/29/kiji/20181029s00041000282000c.html

川崎麻世さんとカイヤさんは、1990年に結婚しましたが、川崎麻世さんの女性問題などで夫婦生活は完全に破綻。2000年ごろから別居状態が続いていますが、関は入ったままです。

川崎麻世さん側としては離婚したくて、話し合いを持ち掛けたようですが、カイヤさん側は拒否し、調停の場にも表れなかったということで、裁判ということになりました。

妻のカイヤさんは、亡くなった祖父母と。「自分が川崎の墓を守る」と約束したことや、子供の存在などから、離婚を拒んでいたとみられています。

現在では離婚は受け入れているようですが、慰謝料の関係などでもめているようです。

逆に、川崎麻世さんが離婚したい理由としては、他に好きな人ができたのでは?という憶測も飛び交っています。

川崎麻世さんとカイヤさんは、双方が複数回不倫疑惑があり、川崎麻世さんがテレビで自分が被害者に用にふるまうのを、長男はずっと我慢していたようですね。


スポンサーリンク

川崎麻世と長男との意見の食い違いとは?

 

View this post on Instagram

 

川﨑麻世 Mayo Kawasakiさん(@mayokawasaki)がシェアした投稿

川崎麻世さんは、別居後もカイヤさんの家賃を払い続けていた上に、カイヤさんは夫の金で暮らす家に不倫相手を呼び込んでいた、などという話もあります。

本当ならひどい話ですが、長男の至恩さんの意見が正しいとすると、これも川崎麻世さんが被害者面をして語ったうその内容かもしれません。

川崎麻世さん、カイヤさんは双方に不満や意見の食い違いがあるそうですが、息子の至恩さんは、父親の良いところしか公にすることができなかったようです。

しかし、実際は母カイヤさん側の気持ちに寄り添っており、父に対しての怒りが抑えきれなくなったと考えられます。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

川﨑麻世 Mayo Kawasakiさん(@mayokawasaki)がシェアした投稿

「川崎麻世・長男が怒りのブログ!父子の言い分の食い違いとは?」という内容で記事を書いてみました。

  • タレントのカイヤさんは、夫である川崎麻世さんから現在離婚訴訟を起こされている
  • あくまでも自分が被害者だと主張する父に、川崎麻世・長男の至恩さんの怒りが爆発
  • カイヤさんと川崎麻世さんは、すでに結婚生活は破綻していた
  • 至恩さんは自身に問題がるにもかかわらず被害者ぶる父を激しく非難した

倖せな結婚生活を送る夫婦もいれば、関係が破綻してしまう夫婦もいます。

川崎麻世・カイヤ夫婦も、最終的にはお互いが納得いき、家族が不幸にならない形で裁判の決着がつくといいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク