改憲投票へ向けて反対派攻撃?問題点と憲法改正の賛否は?

自民党憲法改正対策本部は、改憲投票に向け、改憲反対派を敵と見なして個人攻撃をする必要性をときました。

安倍政権は、安倍総理任期中の憲法改正を目指していて、なるべく早い段階で国会で発議し、国民投票を促したい構えです。

憲法改正には、衆議院参議院の両院で2/3以上の賛成を持って発議され、その後国民投票で過半数の賛成を得れば憲法が、改正されます。

憲法改正で最も話題になっているのは9条の改正で、国民の中でも賛否が分かれています。

何としても憲法改正を行いたい自民党としては、反対派の人にも出来る限り理解を呼びかける必要がありますが、ここにきて反対派を敵として個人攻撃をする必要性を説いたことから、批判も集まりそうです。

本項では、改憲投票に向けた反対派への個人攻撃の何が問題か、また憲法改正そのもののメリットやデメリットについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

改憲投票に向けた反対派攻撃の問題点は?

改憲投票に向けた反対派攻撃に関して、以下のように報道されています。

自民党憲法改正推進本部は5日の会合で、国際医療福祉大の川上和久教授(政治心理学)を招き、「憲法改正国民投票の最大の壁とは」をテーマにヒアリングを行った。出席者によると、川上氏は、投票に向けて改憲派も反対派を敵と位置付け、名指しで批判するなどネガティブキャンペーンが必要と説いた。

引用 Jiji.com https://www.jiji.com/sp/article?k=2018120500800&g=pol&referrer=https%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2F

改憲派が反対派を個人攻撃せよ、という発言が自民党の会合内で飛び出したと言うことは、かなりの批判を浴びそうな気がします。

実際に、改憲派による反対派への攻撃はネットを中心に行われていて、反対派はお花畑、売国奴、●●人、といった罵倒が繰り広げられており、著名人や野党議員が護憲の立場でツイートな度をすると、度々炎上します。

改憲そのものが必要なのか駄目なのかは別として、異論を排除して自分の意見を通そうとするやり方は民主主義国家としては問題があるように思えます。

国民一人一人が家族などと冷静に議論して、憲法を変えるべきか、守るべきか考える事が大事ではないでしょうか。


スポンサーリンク

改憲投票に向けて、憲法改正の賛否の声は?

改憲投票に向けて、若干暴論とも言える発言が自民党の会合で飛び出しましたが、改憲にはどのような賛否の声があるのでしょうか。

賛成派の意見としては、やはり近隣諸国の脅威を念頭に置いたものがメインとなっています。

現声憲法のもと、いくら対話をしても尖閣諸島や竹島の問題の解決の糸口も見えない、極論家であれば今にも近隣諸国が日本を乗っ取ろうとしている、力で対抗戦とあかん、と言う人もいます。

また、多くの憲法学者が自衛隊は違憲としていることで、違憲のレッテルを貼られた状態で自衛隊の方に仕事をさせるのは失礼だと言う考え方があります。

かつて自衛隊が違憲と主張していた社会党が、政権を握った途端合憲だと言い出した事も批判しています。

反対派の意見としては、やはり戦いたくない、と言うものか多いと思われます。

日本は、現行憲法のもとで、戦後一度も戦の犠牲者を出さなかったのは憲法のおかげだとして、それを変える事の危険性を説いています。

また、憲法9条に自衛隊を書き加える事で、たとえ一項二項を残したとしても、古い文は死文化され、無制限に自衛隊が海外で活動できるようになる、と批判しています。

最後に

改憲投票に向けて自民党会合内で、反対派を個人攻撃する必要性を説いたニュースについてまとめてみました。

憲法改正のについては、私たちの生活に直接関わってくる問題なので、一人一人が真剣に考えなくてはなりません。

まず、憲法改正が発議されたら、今の政権が憲法を守っているかどうかを判断します。

憲法は権力を縛るための法規です。

それを権力側が変えようとしている状況です。

ルールに不満があっても、変えたいと言える資格があるのはそのルールを守っているか人だけです。

ですので、まず権力側が憲法を守っているか判断し、守っていないなら有無を言わせず反対に投票しましょう。

各種強行採決された法案の中に、憲法違反のものがないか慎重に吟味していきましょう。

憲法改正を発議した権力側が、憲法を守っているのであれば、初めてその改憲案が正しいのか、間違っているのか判断する段階になります。

そこで内容が正しいと思うなら賛成を、間違いと思うなら反対を投じるのが良いでしょう。

どちらにしても、改憲投票が実施されれば、必ず有権者一人一人が賛成、反対の意思表示をする事が大切です。

スポンサーリンク スポンサーリンク