チャ・ジュナンのコーチは誰?獲得メダルや過去の成績は?使用曲は?

2018年12月9日に、フィギュアスケートフリーが放送され、そこに韓国人選手のチャジュナン(チャ・ジュンファン)選手が出場し、注目を集めています。

12月8日のショートでは、すい星のごとく現れ、見事4位につける高演技を行い、メダル獲得に向けて期待が高まっています。

チャ・ジュナン選手は韓国のソウル特別市に2001年10月21日に生まれた17歳で、まだまだ若いにもかかわらず、宇野昌磨選手などオリンピックのメダリストと同じ土俵でフィギュアの演技を死、見事4位に輝くなど、将来的にも非常に期待されている選手です。

新潮は177cmです。

本稿では、フィギュアスケートの韓国の新星、チャ・ジュナン選手が、今までに獲得してきたメダルや過去の成績、更にはフィギュアスケートで今まで使用してきた曲などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

チャ・ジュナンのコーチは誰?

チャ・ジュナン選手のコーチは、ブライアン・オーサーさんというカナダ出身のもとフィギュアスケート選手です。

ブライアン・オーサーさんは、現役時代、1988年のカルガリーオリンピックで男子シングルの銀メダルを獲得している実力の持ち主です。

実はこのブライアン・オーサーさんは、平昌オリンピックで金メダルを獲得した日本の羽生結弦選手のコーチも務めている方です。

チャ・ジュナンさんが、「韓国の羽生結弦」として期待されているのは、その雰囲気も似ているとpに加え、同じコーチから徹底した指導を受けている点にもあるのかもしれません。


スポンサーリンク

チャ・ジュナン選手の獲得メダルや過去の成績は?

チャ・ジュナン選手のメダルは、2016年にマルセイユで行われた男子シングルでの銅メダルがあります。

2018年の平昌オリンピックは、韓国代表として出場しましたが。ショートが83.43点、フリーが165.16点、トータルで248.59点で、順位は15位で、残念ながらメダルには届きませんでしたが、韓国の期待の新星として話題になりました。

2014年メラーノ杯(イタリアで開催されたフィギュアスケートの国際競技会)の、アドバンスドノービルクラスで、3人の演技の中で見事1位を獲得しています。

パーソナルベストスコアとしては、2018年のオータムクラシックで、トータルスコア259.78点をたたき出しています。

今回の演技でそれを超えられるかが注目されることでしょう。

チャ・ジュナン選手のフィギュア使用曲は?

フィギュアスケート選手の情報で、最も気になるものの1つは使用曲ではないでしょうか。

例えば羽生結弦選手は陰陽師の音楽が印象的ですね。

チャジュナン選手はどのような音楽を使用してきたのか調べてみました。

チャジュナン選手は、映画「コーラスライン」のサウンドトラック曲をなど、様々な局を使用していますが、かつて使用されていた曲の中で、最も有名なのはチャイコフスキーの「白鳥の湖」です。

「白鳥の湖」は、「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」とともに三大バレエと言われる曲です。

まとめ

「チャ・ジュナンのコーチは誰?獲得メダルや過去の成績は?使用曲は?」と題し、フィギュアのチャ・ジュナン選手についてまとめてみました。

  • 2018年12月9日に、フィギュアスケートフリーが放送され、そこに韓国人選手のチャジュナン(チャ・ジュンファン)選手が出場
  • チャジュナン選手は、羽生結弦選手と同じブライアン・オーサーさんからコーチとして指導を受けている
  • チャジュナン選手は、平昌オリンピック15位、マルセイユで行われた男子シングルでの銅メダル2018年のオータムクラシックで、トータルスコア259.78点などという成績を残している
  • フィギュア使用曲は白鳥の湖など多岐にわたる

12月9日のフリーの滑りで、自己最高店やメダル獲得ができるといいですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク