自民党が地方選挙で連敗続き!安倍政権への影響は?流れを断ち切るカギは?

政府自民党は、ここのところ地方選挙で連敗が続いています。

沖縄県知事選挙で、共産党や社民党などが推す玉城デニーさんが当選してから、自民党にとって嫌な流れが止まりません。

同県で知事選挙の後行われた豊見城、那覇の市長選挙でも国政野党系の候補が勝利。

その同じ期間で行われていた地方の市町長選挙でも、自民党系候補の敗北が目立ちました。

この流れは安倍政権の運営に影響するのでしょうか。

この流れを止めるためにカギはいったい何なのか、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

自民党が地方選挙で連敗続き

今の自民党にとっての嫌な流れは、9月30日の沖縄県知事選挙から始まりました。

沖縄県知事選挙結果速報!玉城デニーに当確!勝因と佐喜真淳の敗因は?今後の沖縄は?

上記記事で紹介したように、自民党は、沖縄県知事選挙で元宜野湾市長の佐喜真淳さんを擁立。

公明や維新とも連携して全力で支援してきました。

人気のある小泉進次郎議員を送り込んだり、数千人の創価学会員を送り込んで投票を促すなど市、完ぺきな「勝ちパターン」は出来上がっていましたが、「辺野古新基地反対」の民意があまりにも強く、自民党にとっては「まさかの」痛い敗北となりました。

沖縄の在沖ネット右翼で有名なボギーてどこんさんは、ネット右翼系のネット配信番組「チャンネル桜」で「これはボロ負けだ」と非常に悔しがっていました。

さらに沖縄県内での自民党の悲劇は続きます。

豊見城市長選挙結果速報!山川ひとし当確!勝因と宜保ヤスタカ&宜保ハルキの敗因は?

知事選の2週間後に投開票が行われた豊見城市長選挙は、保守系候補が現職と自民党推薦候補に2分裂してしまい、オール沖縄の山川ひとしさんが勝利しました。

ボギーてどこんさんは、「保守分裂で漁夫の利を与えた。こうなるのを分かっていてなぜ一本化できなかったのか」と、自身が支持する自民党の対応を批判していました。

そして県都那覇市長選挙。こちらは、オール沖縄系の現職に新人の事項候補が挑む構図となりました。

城間みきこに当確(当選確実)![那覇市長選挙結果速報]勝因と翁長まさとしの敗因は?

結果は城間幹子さんの圧勝。自民党は、県知事選以降沖縄で3連敗を期します。自民系候補の選対の国場議員が文春砲に会ったのも痛手となり、ボギーてどこんさんは「もう庇いようがない」と結果に憤慨していました。

沖縄以外でも自民党候補の敗北が目立っています。

千葉県の君津市長選挙も保守分裂の様相になり、野党系の新人候補が当選、兵庫県の川西市長選挙では、自民推薦候補が無所属の新人に敗れています。

極めつけは京都府の大山崎町長選挙。こちらは、自民党系候補に国民民主党や立憲民主党などが相乗りで支援したにもかかわらず、共産党が単独で推薦していた候補が勝利しました。京都府での共産党単独推薦候補が勝利した市町村長選挙は、1975年の亀岡市長選挙以来だそうです。


スポンサーリンク

安倍政権への影響は?

政権側は、地方選挙は「政権選択の選挙ではない」として、国政の影響は無いと強がっています。

また、メディアであまり自民党系候補が負けた選挙の特集が行われないのも、メディアが何らかの圧力を感じて忖度した可能性もあります。

しかし、このまま負けが続いたまま来年の参議院銀選挙を迎えれば、国政の安倍政権への影響は避けられないでしょう。

野党にとってはいい流れですが、自民党にとっては嫌な流れになっています。

国政への影響を避けるのであれば、この地方で調子の悪い状態を脱却する必要があります。

カギを握るのは新潟市長選挙か

自民党がいまの連敗の流れが安倍政権の影響を与えないようにするためには、今の流れを断ち切る必要がありますが、その重要なキーとなっているのが次の日曜日に投開票の新潟市長選挙でしょうか。

こちらは新人4人の選挙戦になっていて、野党系候補の小柳さん、自民党推薦の中原さんと、保守系の吉田さん、あと飯野さんが戦う構図で、保守が中原さんと吉田さんに分かれています。

最近のメディアの世論調査では、中原さんと小柳さんと吉田さんが接戦とのことです。

自民党推薦の名前が際に出ているので、いまのところわずかながらリードはしているようですね。

しかし、若い小柳さんや、政策が分かりやすいと評される吉田さんの追い上げは、決して中原さんにとって安心できる状況ではありません。

この新潟市長選挙で自民党推薦の中原さんが勝てるかどうかが一つの自民党の今後の分岐点になるかと思います。

まとめ

「自民党が地方選挙で連敗続き!安倍政権への影響は?流れを断ち切るカギは?」という記事を書いてみました。

  • 沖縄県知事選以降、地方選挙で自民党系候補の敗北が相次いでいる
  • この流れが来年の参議院銀選挙まで続けば安倍政権の国政にも影響する
  • 日曜日に行われる新潟市長選挙が一つの分岐点か

なお、新潟知事選挙については、以下で紹介しています。

新潟市長選挙情勢予想、中原八一氏がリードか?

スポンサーリンク スポンサーリンク