農家民宿いにしえの風(猪又克弥経営)の評判は?予約方法や周辺情報も

静岡県のを走る大井川鐡道の地名駅前に、「農家民宿いにしえの風」という民宿があります。

大井川鐡道は、静岡県島田市の金谷駅から南アルプス麓の千頭までを南北に貫くローカル線です。

9月22日放送の「人生の楽園」に、その農家民宿いにしえのを経営している猪又克弥さんと、その妻猪又恭子さんが出演します。

猪又克弥さんは、少年時代にみたSLが忘れられず、今でも絶えずSL機関車が走り抜ける地名駅前の古民家をリノベーション氏、「農家民宿いにしえの風」をはじめました。

猪又克弥さんが夢をかなえて経営している「農家民宿いにしえの風」の評判や、泊まりたい時の予約方法、オススメの周辺情報などをまとめてみました。

スポンサーリンク

農家民宿いにしえの風評判は?

農家民宿いにしえの風は、築90年の古民家を改装して作られた宿ですが、掃除も行き届いていて、館内はきれいなようです。

味のある雰囲気の宿で、敷地内や近隣の農家で収穫された肉や野菜を中心としたこだわりの料理が食べられます。

大型ホテルのようなサービスはありませんが、こじんまりとした風情のある宿で、口コミの評判も高いです。

敷地のすぐ近くを大井川鐡道が通っているため、部屋でくつろぎながらSLが走るのを見ることができることも高い評判につながっています。

宿内の雰囲気も猪又克弥さんはこだわっていて、暖かなランプの下で地元の食材を楽しむことができます。

こだわりの雰囲気と2食の料理がついて1泊7500円とリーズナブルな価格設定も好評です。


スポンサーリンク

農家民宿いにしえの風予約方法は?

楽天トラベルやじゃらんなどを探してみましたが、「農家民宿いにしえの風」は見つかりませんでした。

公式サイトを見てみると、予約は「電話のみ」だそうです。9時から18時の間は電話を受け付けているようです。

この宿に宿泊できるのは1日1組までで、人数は最大5名までです。

予約用電話番号は公式サイトに案内があります。

農家民宿いにしえの風、周辺情報は?

SL機関車

まず観光でお勧めしたいのが「SL機関車」です。

農家民宿いにしえの風から走るのを見ることができますが、そのSLに乗ってみるとまた楽しさが倍増します。

大井川鐡道公式サイトにあるように、SLは1日2往復で、予約が必要です。

民宿のある地名駅には停車しないので注意しましょう。

地名駅から一番近い停車駅は登りが家山駅、下りが川根温泉笹間渡駅ですが、せっかくなんで終点の千頭か新金谷まで行ってフルで乗ることをおすすめします。

上記が大井川鐡道のSLの写真です。煙を吹いて力強く走っています。

SLの内部の写真です。昔ながらのレトロな雰囲気が漂ています。車掌のお姉さんのハーモニカの演奏なども聞くことができます。

寸又峡

次にお勧めしたいのが寸又峡です。地名駅からは少し足を延ばしたところにあります。大井川鐡道の終点千頭駅から、さらにバスで秘境の地へ入ったところにあります。

寸又峡の様子です。池の色が美しいクリームソーダ色になっています。これは「チンダル現象」という現象によりこのように見えていますが、何とも言えない美しさです。

寸又峡の名物はつり橋です。高さは8mですが、もっと高く見えます。わたると揺れるので結構怖いですが、絶景を楽しみながら勇気を出してわたってみましょう。女性が渡ると恋がかなうといわれています。

トロッコ列車

大井川鐡道千頭駅からさらに北へ走るのが南アルプスアプトライン。

ここは。壮大な車窓風景を楽しみながら乗れるトロッコ列車があります。

千頭駅からトロッコ列車の旅に出発です。

車窓からは、大井川の清流や、静岡らしい茶畑ののどかな風景を見ることができます。

ここは鉄道としては日本一急な勾配があります。その勾配は90/1000分度器角度でいうと大体5~6°くらいです。

まとめ

「農家民宿いにしえの風(猪又克弥経営)の評判は?予約方法や周辺情報も!」というタイトルで記事を書いてみました。

  • 9月22日放送の、「人生の楽園」に、農家民宿いにしえの宿を経営している猪又克弥さんと、その妻猪又恭子さんが出演
  • 農家民宿いにしえの宿は、リーズナブルな価格、おいしい食事や独特の雰囲気で評判が良い
  • 予約は電話のみ
  • 周辺のオススメスポットは、SL乗車、寸又峡、トロッコ列車乗車

大井川鐡道はとても自然豊かなところを走ります。

猪又克弥さんは、この農家民宿いにしえの風のほか、鉄道の杜キャンプ場も営業されています。

こちらはテントサイトのほかキャビンもあって便利です。

一度都会の雑踏を抜け脱してのどかな雰囲気に会いに行くのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク スポンサーリンク