家売るオンナの逆襲第3話はLGBTがテーマ!感想や見逃し動画は?視聴率は?

2019年1月より、北川景子さん主演ドラマ「家売るオンナの逆襲」の放送が開始され、好評を得ています。

家売るオンナの逆襲は、北川景子さん演じる主人公三軒家万智が、どんな家であろうと見事に華麗に契約に結びつけていくドラマですが、家を得る過程で購入者の深刻な問題や悩みも解決していきます。

既に第2話まで放送され、1月22日に第3話が放送されます。

第3話はLGBT(同性愛者など)の問題がテーマになっています。

家売るオンナの逆襲第3話では、男女の恋愛であろうと男同士女同士の恋愛であろうと、差別されたり偏見されたりすることの異常さを教えてくれるようです。

スポンサーリンク

家売るオンナの逆襲第3話のあらすじは?

家売るオンナの逆襲第3話は、予告では以下のように伝えられています。

現地販売開催。旗竿地に建つ家、元力士の家など売りにくい物件を皆で売ることに。そこにゲイやレズビアンの客が訪れ営業課ではLGBTが話題に上がる。そんな中、万智(北川景子)と庭野(工藤阿須加)は家族で住む家を探す女(佐藤仁美)を担当。万智が女の夫に会いに行くと、なんと夫(池田鉄洋)は女装姿!自分の性別に違和感を感じながら生きるトランスジェンダーの夫との生活に限界を感じている家族に万智が驚きの家を提案!

引用 https://tv.yahoo.co.jp/program/53874612/

庭野のお客さんは、女性同士のカップルでした。

家が売れそうな感じでしたが、売主が2人がキスをするところを目撃、売主が偏見に満ちた古い男だったので、家を売れないと言ってしまいます。

1人で家を探しに来ていた木村という女性の、夫が、自分が男であることに違和感を感じているトランスジェンダーであることが分かります。

妻は、中学生の子供には、父親がトランスジェンダーであることを絶対に隠し通すよう釘をさされているようです。

その木村夫妻に、三軒家万智は元力士が住んでいた家を勧めます。

中学生の娘は既に父親がトランスジェンダーで、あることに気づいており、理解もしていました。

一方で女性カップルへの家の販売はライバルの留守堂に売られてしまいます。


スポンサーリンク

家売るオンナの逆襲第3話感想は?

最近では国会議員がLGBTは生産性がないなどと酷い差別発言を、行って問題になったりしています。

おおよそ全人口の数パーセントの人がLGBTですが、周りからの偏見から隠したりしている実情があり、実際はそこまで多く思えないようです。

低脳な国会議員には是非見て欲しいドラマですね。

家売るオンナの逆襲第3話の視聴率や動画配信情報は?

家売るオンナの逆襲第3話視聴率は発表され次第お伝えします。

家売るオンナの逆襲第3話は放送終了後、動画配信サービスHuluで見ることができます。

Huluは、登録後2週間は無料で利用できます。

お支払い情報なども登録しますが、2週間以内に退会すれば無料ですので、家売るオンナ第3話をして合法的に無料で見ることができます。

家売るオンナの逆襲を見逃したらここ!

上記リンクより、登録いただくことで家売るオンナの逆襲第3話を無料で見られます。

なお、放送終了前は第2話までしか公開されていません。

また、登録後2週間を超えると料金が引き落とされますのでご注意下さい。

スポンサーリンク スポンサーリンク