フィフィがデマ拡散で炎上謝罪!そのネタ元や事実は?

最近少なくなりつつはありますが、少なからず芸能人や有名人が政治的な発言をテレビやSNSですることもたまにあります。

タレントのフィフィさんも、自身のTwiterなどで政治的発言をすることがよくあります。

その政治的主張は極右でネトウヨに近いもので、かつてヘイト攻撃を受けた韓国人とアメリカ人のハーフタレントの水原希子さんに対して、日本人風の芸名で活動するのをやめたほうがいい、などと攻撃するなど、たびたび批判を浴びることがあります。

そしてそのフィフィさんが、まともややらかしたようです。

最近ニュースで話題になっている児童虐待の問題について、立憲民主党の蓮舫議員に対するデマをtwiterで拡散、大手報道局もフィフィさんのツイートをもとに記事を書くなどして、デマがあっという間に広まりました。

本ページではフィフィさんの拡散したデマ元ネタや、真実についてまとめてみました。

スポンサーリンク

フィフィ炎上謝罪のデマのネタ元は?

フィフィの炎上騒動について、以下のように報道されています。

ィフィさんは、2004年の児童虐待防止法改正において、蓮舫議員が“警察の積極的介入を盛り込んだ”法改正に反対したと指摘。千葉県で小学4年生女児が死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件について、「どうして現政権を責めることができるのか」「あなたは本当に国民の側に向いているのですか?」などと批判し、蓮舫氏の真意を問いただそうとするツイートを2月17日に投稿していました。

 大きな反響を呼んだフィフィさんのツイートに、蓮舫議員はTwitterで「誤解が流布されている」と主張。蓮舫議員は2004年7月11日の第20回参議院議員通常選挙で初当選して政界入りのため、それから約3カ月前の4月に公布されている法律に反対したという事実はないこと。また、議員となってからは“児童虐待をなくすための活動に力を入れている”として、公式サイトにも当時の議事録などを掲載しながらフィフィさんの主張に反論しました。

引用 yahoo news https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000076-it_nlab-ent

フィフィさんは、最近起きた残虐な児童虐待事件に関し立憲民主党に現政権を批判する資格はないと主張しました。

2004年の児童虐待防止法改正において、警察の積極的介入を蓮舫議員が反対した、としていますが、事実ではないようです。

フィフィさんも何かをもとにデマを拡散したと考えられますが、調べてみたところ、そのデマ元がわかりました。

しかも、当初盛り込まれるハズであった、警察官の立ち入り調査を、民主党の大反対によって、削ってしまったことが、彼らの後ろ盾をなくしている。
なぜ、警察と協力してやらなかったのかと、私達も詰問したが、押し黙るだけだった。日々連携をとっているといいながらも、犯罪性がなければ、現行法のなかでは、警察とて、何もできないのではないかという思いが、子ども相談センターの職員の思いであったのだろうと思う。

引用 https://www.tsujiyoshitaka.com/2010/08/06/児童虐待防止法を骨抜きにした民主党/

辻たかのりさんという公明党議員のブログが元ネタのようです。

このブログによると、2004年の児童虐待防止法改正において、民主党が大反対したがために警察官の立ち入り調査の項目が削られ、結果として児童の命が奪われた、というものです。

フィフィさんはこのブログを元ネタに、蓮舫議員が児童虐待防止法改正に反対した、とツイッターで広めました。


スポンサーリンク

フィフィが拡散したデマ!果たして事実は?

フィフィさんは、デマを拡散させてしまいましたが、果たして真実は何なのでしょうか。

まず、児童虐待防止法改正の際、蓮舫さんはまだ国会議員ではありませんので、賛成も反対もしていません。

そして、児童虐待防止法改正は与野党全会一致で可決されており、民主党議員も反対はしていません。

元ネタになった辻たかのりさんのブログにも、蓮舫議員の名前は一切出てきていません。

したがって、まず蓮舫議員が児童虐待防止法改正に反対した、というのは間違いです。

では、民主党が内容を骨抜きにした、という辻たかのりさんのブログは真実なのでしょうか。

2004年現在は自公政権でねじれ国会でもありませんので、たとえ民主党が反対したとしても改正案の可決は可能です。

仮に民主党が法案を骨抜きにさせたのであれば、それに対抗しなかった与党議員にも責任はあります。

また、民主党が法案を骨抜きにしたというのも当たらなさそうです。

辻よしたかさんはツイッターで、「警察は民主党は令嬢のある介入を主張した」と言っています。

それが事実であるならば、もともとの自公は「令状なしでの捜査」を主張したか「警察の介入そのものを否定した」かのどちらかになります。

令状なしでの捜査は違憲です。

最終案として「警察の介入」が削除されてしまったようです。

スポンサーリンク スポンサーリンク