馬場園晶司の作品や活動内容、経歴は?

2018年10月11日放送予定の、「すてきにハンドメイド」で、文化ファッション大学院大学の馬場園晶司准教授が出演し、簡単に作ることができる秋物コートの技術について解説があります。

コートを作るには、「裏地付け」や「布端のほつれ止め」などの手間をかけることが多いのですが、そういった技術不要で、切りっぱなしでOKの秋元コートを紹介するようです。

馬場園晶司さんは、大学の准教授としてファッションを教えています。

馬場園晶司さんの作品の作風や、活動内容、経歴なども気になる方が多いかと思いますので、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

馬場園晶司の作品の作風は?

「素敵にハンドメイド」は、勝野洋輔さんらが司会を務める趣味の番組で、上記のようなテキストとともに、テレビを視聴してハンドメイドなどの勉強をします。

10月11日に出演する馬場園晶司さんは、文化ファッション大学大学院で教えていますが、専門分野はファッションデザイン、服飾造形です。

テレビ番組では、秋物コートを紹介するということなので、服飾造形の方が放送されるのでしょう。

馬場園晶司さんは、以前は春物の男女用コートを紹介しており、それほど難しくなく作れるおしゃれなコートが最も代表的な作風と言えるのではないでしょうか。

是非テレビを見てチャレンジしてみてください。


スポンサーリンク

馬場園晶司の活動内容は?

馬場園晶司さんの主な活動内容は、文化ファッション大学院大学でファッションを教えることです。

「クリエイション造形演習」と、「クリエイション理論・演習」という科目を教えています。

また、ファッションデザインのパターンやファッションクリエイションの教育などを専門的な研究分野としていて、数々の論文を出すなど市、常に最先端のおしゃれを追い続けています。

馬場園晶司の経歴は?

馬場園晶司さんの年齢は、公開されていませんが、大学卒業後、3年生のに文化服装学院に入学し、1998年に卒業した、とありますので、浪人していなければ1998年で25歳という計算になりますので、1973年生まれで出現在は45歳と推測されます。

2002年には、文化服装学院の専任助手として就職し、翌年には文化ファッションスクール専任助手になります。

今は2年制の専門学校である文化ファッション大学大学院でファッションを教えていますが、現職に就いたのは2006年からです。

メンズファッションに関するものなど、数々の論文を出すとともに、10月11日に放送される「すてきにハンドメイド」などのテレビ出演も度々しています。

まとめ

専門学校でファッションを教えている馬場園晶司さんについてまとめてみました。

  • 2018年10月11日放送予定の、「すてきにハンドメイド」で、文化ファッション大学院大学の馬場園晶司准教授が出演
  • 馬場園晶司さんは、簡単に作れるコートなどが代表的な作風
  • 馬場園晶司さんは文化ファッション大学院大学で、「クリエイション造形演習」と、「クリエイション理論・演習」という科目を教えている

放送では、秋物のコートについて紹介されます。

何度か再放送もあるようなので、繰り返し見て理解を深めれば、おしゃれな手作りコートが出来上がると思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク