アニサキス症の痛みに正露丸が効く?でもまず病院行ってね。

下痢止めで有名な正露丸が、アニサキス症という病気の痛みに効き、大幸薬品が特許を取りました。

私なんかは、大食いの割に胃腸が弱く、おおよそ10日に1回くらい下痢をしてしまいます。

電車通勤で、電車にはトイレがないので、電車内でぎゅーっときたら大変ですね。

毎日かばんに正露丸を入れていないと不安で仕方ないです。

おなかが痛くて正露丸を取り出すと、間違いなく異臭騒ぎが起きてしまいますが、肌身離さず持ち歩いてないと不安です。

そんな正露丸が、アニキサス症にも効果があるということで話題になっています。

スポンサーリンク

アニサキス症に正露丸で大幸薬品に特許

(”ドイツ医学誌Hepato-Gastroenterology vol.58“に掲載)によると、アニサキス症が疑われた患者が服用すると、鋭い腹痛は1~2分で消失した。患者から動きがないアニサキス幼虫が見つかり、アニサキス症と診断。処方箋なく回復した。
木クレオソートには、食事中または食後の服用で、症状が軽減されたり、起こさなかったりと、アニサキス症の発症予防を期待する報告もある。

引用 yahoo news 7月9日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010000-minatos-bus_all

アニサキス症の痛みに苦しむ患者に服用させると、1~2分で痛みが引いたという、驚くべき効果が発表されました。

また、アニキサス症予防にも正露丸が有効とのことで、こんご更なる研究が進むことが期待されます。


スポンサーリンク

アニサキス症とは?

そもそもアニキサス症という病気が聞きなれない方がほとんどだと思います。

わたしも途中まで「アニキサス」と書いていてハッとしました。

ので、アニサキス症について調べてみました。

アニサキスという回虫が、人の体内に寄生する病態です。

イカやサバ、アジに幼虫がついていることがあり、それらを生で食べることで発症します。

発症すると、生の魚介類を食べた数時間後に激しい腹痛や吐き気、嘔吐、蕁麻疹などが出ます。

治療は、胃にある場合は内視鏡でつまみ出すことで治りますが、この時に正露丸を服用しておくと、アニサキスの活動が弱まり、摘出しやすくなる、という報告もあるようです。

体内から取り出せなくても、対症療法で1週間程度で治るようで、致命的になることはまずありません。

自己判断をせず必ず病院へ!

新鮮な魚介類を食べた後、激しい腹痛や嘔吐などに見舞われたら、アニキサス症が疑われますが、「アニサキス症だから正露丸飲んだらいいやー」と勝手な判断をするのは危険だと思います。

本当にただのアニサキス症であればたいしたことにならないとは思いますが、激しい腹痛や嘔吐などを伴う病気は他にもたくさんあり、なかには盲腸や腹膜炎、腸閉塞といった緊急を要するものもあります。

生の魚介類から別の種類の食中毒に感染しているもしれません。

食中毒のときに正露丸を飲むと、病原菌を出そうとする動きを止めてしまうので逆効果になります。

まずは病院で診断を受け、病院の指示があれば正露丸の服用も視野に入れるのが良いと思います。

また、本ニュースでは、正露丸を飲むことでアニサキス症の予防にもなる、と書いてありますが、下痢をしていないときに正露丸を飲むと、便秘になりやすいという副作用もあるので、むやみに服用するのもいかがなものかなと思います。

いずれにせよ、用法容量を必ず守るべきです。

スポンサーリンク スポンサーリンク