愛華みれは結婚している?出演舞台やドラマ映画は?ネット動画情報も!

女優の愛華みれさんが、10月6日に関東地方などで放送される放送の「ぶらり途中下車の旅」に出演し、京浜東北線の旅を紹介するようです。

愛華みれさんの生年月日は1964年11月29日生まれで、年齢は53歳ですのベテラン女優です。

鹿児島県南大隅町出身で、出身高校は鹿児島県立南大隅高等学校です。

1985年に宝塚歌劇団花組に入り、99年にトップスターに就任しました。

2001年に退団するも、その後もテレビドラマや映画で幅広く活躍されています。

2008年に悪性リンパ腫に罹患して今います。ステージは2~3ということで、5年生存率は65~84%ほどの病態でしたが、抗がん剤の副作用にも負けずに「食べる」ことを意識し、家族にも支えられて無事に完治されています。

本ページでは、そんな愛華みれさんの結婚や出演していた部隊、ドラマ映画について調べてみました。

スポンサーリンク

愛華みれさんは結婚しているの?

愛華みれさんは、2009年1月1日に44歳で一般の男性と結婚されていたようです。

悪性リンパ腫罹患時から交際していたようで、のちの旦那さんのささえもあって病気を乗り越えました。

blogで結婚を発表したとありますが、そのブログは削除されているようで、今の公式ブログには2009年の時の投稿は無いようです。

10歳年下でとても頼りになる旦那さんだそうです。

調べてみたところ子供はいないようです。


スポンサーリンク

愛華みれさんの出演舞台は?

宝塚歌劇団として出演されていた部隊は多岐にわたりますが。代表的なものの1つに「夜明けの序曲」というものがありました。

ビデオの購入はこちらから→【宝塚歌劇】 夜明けの序曲 【中古】【ビデオ】

明治中期、壮土芝居(新劇派)を冥した、川上音二郎の波乱万丈の生涯を壮大なスケールで 描いた一本立大作。1982年に松あきら主演で、芸術祭大賞をを受賞した名作。

昭和57年に花組の松あきら・若葉ひろみのコンビで上演した際には、その年の芸術大賞を 受賞した作品。
再演となる今回は、新生花組の新トップコンビ愛華みれ・大鳥れいの お披露目公演です。  引用 https://item.rakuten.co.jp/takarazuka-an/tcav-98b/

宝塚歌劇団と言えば、何となく洋風のミュージカルといったイメージがありますが、調べてみると当作品のように昔の日本をbutaneした作品も結構あるようで興味深いですね。

この舞台は1999年、愛華みれさんが花組トップ時代に出演されたもので、主人公の川上音二郎を演じています。

愛華みれさんの出演ドラマは?

愛華みれさんは、テレビドラマにも多数出演しています。

そのなかでも代表的なものの居突あ、2002年7-9月にTBSで放送された「ぼくが地球を救う」です。

DVD購入はこちらから→ぼくが地球を救う 1 【DVD】【RCP】

内村光良さんが主演を務めたドラマで、階段から落ちたショックで人の子心の声が聞こえるようになってしまった青年足立友作の活躍を描いたドラマで、愛華みれさんは国際スチュワーデスの白金愛子を演じています。

本作品は愛華みれさんのテレビドラマ初出演の作品です。

愛華みれさんの出演映画は?

愛華みれさんは、映画にも出演されています。

その1例が、「マンゴーと赤い車椅子」です。

DVD購入はこちらから→【新品】 マンゴーと赤い車椅子 [DVD]

こちらは、ネット動画配信サイトでも見ることができます。
上記バナーをクリックし、UーNEXT登録後、「愛華みれ」で検索すると、出演作品として「マンゴーと赤い椅子」の動画を見ることができます。

U-nextは、登録後31日間無料で、そのあと気に入ったら登録したままにしておけば、2か月目以降は課金されます。

31日以内に退会すればお金はかかりません。

「マンゴーと赤い車いす」は、事故による脊髄損傷で下半身不随になった音案の宮園彩夏(秋元才夏)が、周りから支えられて徐々に生きる気力を取り戻していくドラマです。

愛華みれさんは、主人公綾夏の母、宮園洋子を演じています。

まとめ

女優の愛華みれさんについて結婚や出演舞台、ドラマ映画についてまとめてみました。

  • 愛華みれさんが、10月6日放送のぶらり途中下車の旅に出演
  • 愛華みれさんは、悪性リンパ腫闘病時に支えてくれた10歳年下の男性と、2009年1月1日に結婚している
  • 愛華みれさんは宝塚歌劇団花組トップ女優として活躍し、「夜明けの序曲」などに出演した
  • 愛華みれさんは、テレビドラマ「ぼくが地球を救う」で、国際スチュワーデスの白金愛子を演じていた
  • 映画でも活躍し、マンゴーと赤い車いすでは、主人公宮園彩夏の母洋子を演じた

ぶらり途中下車の旅では、どのようなリポートをしてくれるかも楽しみですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク