愛知県知事選挙(2019年)の情勢予想や争点は?地域の抱える問題とは?

任期満了愛知県知事選挙が、2019年2月に実施されます。

2019年の愛知県知事選挙には、現職の大村秀章知さんが3選を目指して立候補を表明しています。

また、愛知県労働組合の榑松佐一議長も出馬を表明していて、今のところはこの2者の一騎打ちとなる公算が大きいです。

本項では、愛知県知事選挙2019の、現段階での情勢予想や、選挙の争点、愛知県が抱える問題などについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

愛知県知事選挙(2019)の情勢予想は?※2018年末現在※

2019年2月に実施される愛知県知事選挙の情勢を予想してみたいと思います。

2018年末の段階で、立候補を表明しているのは現職の大村秀章知さんと、愛知県労働組合の榑松佐一さんの2人です。

最終的にこの2人の一騎打ちになったと仮定した場合、やはり現職の大村秀章知さんが圧倒的に優位とみられます。

まだどちらの候補がどの政党から推薦を受けるのかという情報はありませんが、恐らく共産党以外の政党(自民、公明、維新、国民民主、立憲民主、自由、社民)は大村秀章知さんを推薦、もしくは支援するとみられます。

大村秀章知さんは、地域政党の日本一愛知の会の代表で、政治的立場は維新に近いと見られますが、愛知県では知名度、人気とも抜群なので、自民公明も独自候補を出すことはせず、現職の支援に回るでしょう。

愛知県は旧民主党系の支持者が比較的多い地域なので、民主系の野党と共産党で候補者調整ができれば政権に痛手を与えられる可能性もあるのですが、今のところは立憲民主も国民民主もそのチャンスを活かすつもりは無いようです。

恐らく榑松佐一さんは共産党のみが推薦し、地方選挙でよく見られる共産と非共産の戦いとなり、こうなれば共産党独自候補の当選は難しいです。

さらに大村秀章知さんは現職という肩書きもあり、特に大きな失政も報じられていないため、このままいけば投票日午後8時でゼロ打ち当確となるでしょう。


スポンサーリンク

愛知県知事選挙2019の争点や地域の抱える問題は?

2019年愛知県知事選挙の争点はどうなるのでしょうか。愛知県は、トヨタ自動車などの大企業があり、全国的に見ても経済的には潤っているイメージです。しかし、庶民の暮らしに目を向けてみたところ、財政破綻寸前の自治体とそう大差はありません。一部の大金持ちは他県と比べても潤っていますが、経済的な格差が大きな問題となっていて、その解消も1つの争点となるでしょう。あとはリニア新幹線の賛否も争点になります。リニアは名古屋と東京を40分ほどで結ぶ夢の高速鉄道として期待が高まっていますが、自然破壊や電磁波による健康への影響も心配されて、賛否が分かれています。愛知県として反対の民意が示されれば、リニア開業は難しくなるでしょう。待機児童問題も大きな争点になりそうです。愛知県から当選した国会議員の山尾志桜里さんは、子供が保育園に入れなかった主婦の「保育園落ちた、日本●●」と題したブログを紹介して待機児童問題を訴えました。愛知県でも300人余りの待機児童がおり、隠れ待機児童も含めると合計はその数倍にもなりそうです。男女問わず子供を産んでも働ける環境作りが大きな争点となるでしょう。まだ投票日が近づきましたら本項も最新の予想に書き換えて行きます。

スポンサーリンク スポンサーリンク