尾田栄一郎さん熊本に8億円寄付!優しさとは金持ちになっても困った人たちのことを考えられる事。

人気アニメワンピースの作家の尾田栄一郎さんが、被災地の義援金などとして、合計8億円を熊本県に寄付していたことが明らかになりました。

ネット上では、被災地のためにこのような大金を寄付した尾田栄一郎さんを賞賛する声が上がっています。

尾田栄一郎さんは、熊本県出身で県民栄誉賞も取得されています。

被災地へ8億円も寄付できるというのは、間違いなく相当大金持ちだということになります。

自分が大金持ちになった時、困った人達のことを考えられるかどうか、というのが、人間としてのやさしさがあるかどうかの物差しになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ワンピース作家尾田栄一郎さん8億円寄付

県によると、尾田さんは県内の新成人に描き下ろしのイラストを贈るなど被災地の支援を行っており、県は4月に県民栄誉賞を贈呈した。功績をたたえるため、県は約1300万円をかけて漫画の主人公ルフィの銅像を県庁前に設ける予定だが、「被災者の生活再建が優先だ」などと批判の声も寄せられている。

 蒲島知事は一般質問の答弁で、尾田さんからの寄付はルフィ名義で、2016年度に5億円、17年度に3億円に上ったと説明。その上で「寄付金を銅像の設置費に充てたい」と語り、ルフィ以外のキャラクターの像を被災地に設けて観光振興などに役立てるため、尾田さんや出版社と協議を始める意向を示した。

(※引用 Yahoonews 6月15日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00050089-yom-ent)

県民栄誉賞の尾田栄一郎さんをたたえるために、ワンピースの主人公ルフィの銅像を県庁前に建てる予定について、被災地の復興が先だという意見があったのに対し、知事は、作者から義援金を合計8億円受け取っているので、その費用を当てたいと答えたらしいです。

義援金の名義もルフィとなっているところも尾田さんらしいですね。

尾田栄一郎さんの同胞を大切にする、という気持ちはアニメの中でも度々描かれています。


スポンサーリンク

ネットユーザーの声

尾田栄一郎さんの巨額の寄付を賞賛するとともに、8億円も寄付していただいたのだから、像の設立は理解が得られるだろう、という声が聞かれました。

すごいですね。8億ベリーも。
尾田さんは海賊王じゃなく熊本王になりましたね。
それだけ寄付してもらってれば銅像たてるくらい安いもんだろう。

8億円も寄付なんて素晴らしいです。
この寄付金の一部を使って銅像を立てるなら、復興がまだなのに銅像に税金使うな!って言ってた人達も納得では?
これを見にワンピースのファンが熊本を訪れたら、熊本にとってもいい事だしね。

(※引用 Yahoonews 6月15日配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00050089-yom-ent)

上記引用コメントの「ベリー」というのはアニメの中の通貨単位のことです。

尾田栄一郎さんのしょうさんの声ばかりでした。

その8億円の中から1300万円で銅像を建て、その銅像自身も観光資源として余りあるかちのあるものになるといいですね。

被災地熊本が完全に元に戻る日を願ってやみません。

お金持ちになっても困った人のことを思えるか

尾田栄一郎さんは、アニメがあれだけ幅広い世代に人気があり、また被災地に8億円も寄付できたということですから。お金持ちであることは間違いありません。

尾田栄一郎さんの、お、困っている人たちのことを考えられる人柄は素晴らしいなと五思います。

お金持ちになっても被災した人達のほか、、病気や親の介護で働けなくなった人などのことを考えられるか。

これは人間のやさしさとしてのバロメーターになるのではないでしょうか。

一部の人の中には、お金持ちになると、自分自身でなしえたことだからと天狗になり、庶民の人を見下したり、困っている人を自業自得だといってののしるような人もいます。

もちろん何の努力もせずに貧しくなって救いを求めるのは愚かな人です。

しかし、災害、病気などでどうしようもない人たちがたくさんいる。

いくら自分自身が潤っていても、尾田栄一郎さんのように困った人たちのことを考えられる、そんな大人であふれた世界になればなと思います。

自分自身は金持ちになったことがないのでどっちかは分かりません・・・。

スポンサーリンク スポンサーリンク