24時間マラソンランナー内定。今年はみやぞんさん!でも簡単に走れるのでは?

毎年8月下旬に日本テレビで放送される「24時間テレビ」

毎年タレントが、番組放送中に100km前後の距離をマラソンで走る、「24時間チャリティーマラソン」

その今年のランナーが内定したらしいです。

今年のランナーは、お笑い芸人のみやぞんさんだそうです。

スポンサーリンク

24時間マラソンランナーみやぞんさんに内定

ブルゾンの次はみやぞん! 今年で41回目を迎える日本テレビ夏の恒例番組「24時間テレビ」(8月25~26日)のチャリティーマラソンランナーが、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(33)に内定したことが本紙の取材で明らかになった。

(※引用 yahoo! news 6月3日 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000003-tospoweb-ent)

ニュースサイトによると、昨年は当日発表で、ブルゾンちえみさんが90kmを走りましたが、その発表方法にも批判が集まり、番組自体の視聴率も下がり気味、というのを考慮し、今年はマラソンの中止も危ぶまれたそうですが、従来通り2~3か月前の発表、ということになったようです。

今日放送の「世界の果てまでイッテQ」で発表されるはずでしたが、なぜか本日昼前にYahoo newsで発表されているようです。


スポンサーリンク

みやぞんさんとは?

みやぞんさんは、ブレイクする少し前、バラエティ番組、「世界の果てまでイッテQ」の、世界の果てまでイッたっきり」というコーナーで登場して有名になりました。

番組から難しい課題を課され、それを海外で教わりに行き、達成するまで帰ってこれないという過酷なロケでしたが、持ち前の身体能力で見事に決め、視聴者から爆笑と感動を誘いました。

同番組の、シャッフル企画(ほかの人が担当しているロケをやってみる)というコーナーでは、出川哲郎さんがやっている「はじめてのおつかい」(英語圏で一人で買い物や観光地のレポートをする企画)にチャレンジ。

本家の出川さんに負けないような「英語を魂で伝える」という能力を活かして見事課題をやってのけます。

ブラックトイレットペーパーサーモンイート(海苔巻き)」や、「野菜スティックオールメンバードーム(植物園)」など、独特のみやぞんイングリッシュで爆笑を誘いました。

お笑いコンビ「安全漫才」のボケ担当で、ネタ発表時には、「必ず選挙に行く」などの歌ネタを主にやりますが、ネタの面白さより、バラエティでの天然キャラが若い女性を中心にドはまりし、人気が爆発しています。

簡単に走れるのでは?

このニュースに対する一般市民のコメントとして、番組やこの規格に対する賛否両論の声がありましたが、その中に、簡単に走れ過ぎて感動できないのでは?という声がありました。

みやぞんさんは、運動神経が抜群なことでも有名です。

走る距離が100kmだったら特別な訓練をしなくとも数時間で完走してしまいそうですね・・。

走る距離が200kmとか、途中に富士登山があるとか、何らかの形で難易度は例年より高く、みやぞんさんが必死で努力してかろうじて達成できるような、難易度の高い設定されることと予想します。

これから放送の世界の果てまでイッテQで、詳細が発表されるかもしれません。

みやぞんさんのかっこいい走りに今年も期待したいところですね。

追記

イッテQ番組内にて、「トラアスロン形式のチャレンジになる、という発表がありました。

「トライアスロンを知らない」と、天然キャラ炸裂でしたが、本番では持ち前の運動神経で視聴者に感動を与えてくれると思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク