10連休の懸念点と期待点は?長期休みにオススメの旅行先はどこ?

10連休がある!と喜びの声もあれば、逆に様々な懸念点もあるようです。

2019年4月30日をもって、今の天皇陛下が生前退位され、5月1日に新しい天皇陛下が即位されます。

これに伴い、2019年に限り、5月1日が祝日となります。

法律では、休日と休日との間の日は休みになることがい待っているため、4月30日は昭和の日を挟み、5月2日は子供の日を挟むことから、4月27日から5月6日まで10連休となることが決まりました。

めったにない大型連休に、仕事にうんざりしている大人や、学校嫌いの子供たちは大喜びですが、懸念点もあるようです。

本サイトでは、10連休の懸念点とメリットを紹介し、せっかくだからメリットを活かそう!ということで、長期連休にお勧めの旅行先を紹介します。

スポンサーリンク

10連休の懸念点やデメリットは?

2019年ゴールデンウィークの懸念点について、yahoo newsでは以下のように報じられています。

新天皇の即位に関連し、来年の5月1日と10月22日を1年限りの祝日とする法律が8日未明、参院本会議で可決、成立した。曜日の配列や祝日法の規定で、来年のGWは4月27日から5月6日の10連休となる。菅義偉官房長官は7日の記者会見で、これまでの最長は9連休だったとし、「国民生活に支障が生じないよう、政府として万全を期したい」と述べた。

心配されるのが、医療への影響だ。全国の病院の多くが所属する「日本病院団体協議会」は11月30日に代表者会議を開催。連休中の勤務体制や薬の供給に不安があるとして、厚生労働省や各地の医師会と連携して具体策を検討することを決めた。

引用 yahoo news https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000132-asahi-soci

やはり10日間も公共サービスが止まってしまうことの懸念感が大きいようです。

特に病院などは人の命にかかわります。

進行が速いタイプの悪性腫瘍や、骨折などの手術は、10日間も空くと致命的になるかもしれません。

緊急時の緊急外来は開いていると思いますが、そういったところに患者が殺到し、緊急外来の機能もパンクするかもしれず、早急な対策が必要になってきます。

また、会社の稼働をそんなに止められず、独自に出勤日を設ける企業も出てくるかもしれません。

また、月給制で働いている人は良いですが、日給や時給で働いている人たちは、休みが増えることによって給料が減ります。

そういった方には、それまでに月給制度に切り替えるのが一番いいですが、せめて副業などの禁止を縛り付けないくらいの措置は取ってほしいものですね。


スポンサーリンク

10連休の期待点やメリットは?

10連休のメリットとしては、やはり働きすぎの傾向がる日本人にとって、良い急速になる点でしょう。

私の独断ですが、我が国の労働者のほとんどはブラックとまではいかないでも、かなりグレーな企業で働いていると考えています。

多く人が日々の多すぎる仕事、その割に少なすぎる給料にうんざりしているでしょう。

そういった人たちにとって、10日間休める、ということは、実にありがたいことではないでしょうか。

10連休オススメノ旅行先は?

せっかく10連休あるので、そのメリットを生かしていくのが良いと思います。

10連休あるときに、お勧めしたい旅行先は「小笠原諸島」です。

世界自然遺産に指定されている島で、上記写真のようなきれいな海があり、イルカと泳ぐこともできます。

小笠原諸島は、数日に1本の旅客線「おがさわら丸」で24時間かけていく方法しかなく、1種間以上の休みがないといけない場所です。

これだけの長期連休があれば、小笠原諸島に旅行に行くチャンスです。

おそらく船は連休の最初と最後にダイヤを合わせてくれると思われます。

ただし、予約は殺到しますので、予約開始日(小笠原開運のサイトで発表されます。予想では2か月前に2月27日ですが責任は持てません)には有休をとって、予約開始時間(おそらく9時)から、つながるまで予約の電話をかけまくる必要があります。

おすすめの宿は小笠原ユースホステルです。

ここも予約開始時間を受けていますので、小笠原ユースホステルのホームページで確認し、予約開始時間になったら電話をかけまくりましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク